2017年01月03日

日本100名山・石鎚山(2016・12・23)

年末の23日の事です、実は四国の石鎚山(日本100名山・1982m)に挑戦しましたが雪の為山頂直下で諦めて帰ってきました。

その時の記録を思い出しながら書いてみました。

石鎚山(いしづちさん、いしづちやま)は、四国山地西部に位置する標高1,982mの山で、近畿以西の西日本最高峰である。愛媛県西条市と久万高原町の境界に位置する。

詳細はウィキペディアで


コース


P(京屋)−ロープウェー成就社−前社森−夜明峠−2の鎖・石鎚山公衆トイレ休憩所(ここで引き返す)

GPSデータ−石鎚山続きを読む
ラベル:日本100名山
posted by 山ちゃん at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 四国地方の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月20日

日本100名山・剣山(1954.7m)

梅雨明けまじかの3連休中日の日曜日です、相変わらず天候は不安定ですが思いきって四国へ遠征することに、選んだ山は日本100名山・剣山(1954.7m)です、オンシュガーさん、アイちゃん、山ちゃんの3名で歩いてきました。

剣山(つるぎさん)は、四国に位置する標高1,955mの山で、近畿以西の西日本および四国第二の高峰であり、日本百名山の一つである、一帯は剣山国定公園に指定され、山頂付近の「剣山御神水」は環境省選定名水百選に選ばれている、又、宮尾登美子の「天涯の花」の影響で、近年はキレンゲショウマの人気が高まっています。

[ここに地図が表示されます]


本日のコース

P(見ノ越無料駐車場)−見ノ越駅−(リフト)−西島駅−大剣神社分岐−主尾根出会−三嶺分岐−次郎笈(1929m)−三嶺分岐−剣山(1954.7m)-剣山本宮−殉難の碑−一の森ヒュッテ−一の森(1879m)−殉難の碑−両剣神社−刀掛の松−西島駅−(リフト)−見ノ越駅−P

GPS軌道

gi.bmp

続きを読む
ラベル:日本100名山
posted by 山ちゃん at 22:41| Comment(8) | TrackBack(0) | 四国地方の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月07日

四国の名山・三嶺・高知側から周回です。

8月最初の山はN夫人のリクエスト、四国の名山・三嶺(1893.4m)です、6月から計画していましたが、雨の為2回お流れで、3度目の正直でやっと実行できました。

徳島の名頃登山口からは簡単に山頂に立てることが出来ますが、今回は高知県側から自然林が一杯残る登山道を利用して山頂へ、下山は稜線歩きと沢下りを楽しむ周回コースです。

本日のコース

ひかり石登山口→堂床野営場→コース分岐(尾根コース)→さおりヶ原→カヤハゲ(最近は東熊山と呼ばれている)→三嶺→西熊山→おたふく岩ヒュッテ(渓谷コース)→八丁ヒュッテ→コース分岐→ひかり石登山口


GPS軌道です。

miu.jpg    miu1.jpg


8月6日、PM6:00自宅を出発、ナビの設定は高知県加美市物部町奥の熊西渓谷です…

播但道〜山陽道〜瀬戸大橋を渡り松山道を経由して高知道に入り南国ICを出ます、R195〜R49〜R217 へ入り物部町に入り狭い道を久保高井・上久保・沼井・中内・影・和久保を通過PM11:30無事ひかり登山口に着きました。

山ちゃんはテント泊、Nご夫妻は車中泊、朝5時起床、熱いコーヒーとパンで朝食を済ませ登山準備を開始…

6:03 トイレの左手奥に伸びる登山道に向かってスタートです。

N夫人念願の三嶺です、思い切り楽しみましょう

miune.jpg miune1.jpg


6:15 堂床野営場通過 6:24 コース分岐着、登りは尾根コース利用、そのまま直進、岩の登山道に取りつきます。

miune2.jpg miune3.jpg


7:18 さおりヶ原通過、自然林のなだらかな登山道だ

miune4.jpg


さおりヶ原からカヤハゲまでは素晴らしい自然林の中を遡上していきます。

大トチの木にビックリ

miune5.jpg


立派なブナも

miune6.jpg


雰囲気のある登山道に大満足だ!

miune7.jpg


9:30 カヤハゲ(1720m)着(最近は東熊山と呼ばれている)

miune9.jpg


三嶺に向かってスタートです、山頂まで約2km、手前の急登りが気になります。

miune10.jpg


登山道右手奥に剣山の姿が…

miune11.jpg


山頂直下にある大岩は右に巻いて…

miune12.jpg


この激坂を登れば山頂だ、元気を出して一歩一歩確実に足を上げます…

miune13.jpg


10:40 三嶺山頂

miune14.jpg


流石人気の山、多くの登山者で溢れています、徳島側名頃登山口からの方ばかりでした。

登山者の方に記念写真のシャターをお願いしました。

miune16.jpg miune15.jpg


360度の展望を楽しみましょう〜

三嶺ヒュッテ方面の展望

miune17.jpg


これから向かう西熊山方面の展望です

miune18.jpg


登山者の方とお別れし西熊山に向かって縦走開始です、ミヤマクマザサの中を順調に進みます。

miune19.jpg


西熊山が近くなる…

miune20.jpg


振り返るとそこには三嶺の姿がありました。

miune31.jpg


12:10 西熊山着、ここでちょっとひと休みです。

miune21.jpg


西熊山からはコヒメツツジの中を下ます、バックの青空が印象的でした。

miune22.jpg


12:53 渓谷コース分岐

miune23.jpg


分岐の尾根道の先にオカメ岩がありちょっと寄り道してみました。

miune24.jpg


13:07 立派なオカメ岩避難小屋通過…

miune25.jpg


荒れた渓谷コースを下って行きます。

miune26.jpg


本日の一番危険ゾーン、ガレ場の狭い道の下(画像右下)は絶壁です、大水で登山道が破壊し新しく作られたようでトラロープが一杯張ってあります。

miune27.jpg


14:42 八丁ヒュッテ着、ここにきて雨が降り出し約20分の雨宿りだ!

miune28.jpg


雨も上がり下山開始、堂床野営場の橋を渡る 15:21

miune29.jpg


15:40 長い周回コースも無事終りました。

お疲れ様でした。


miune30.jpg


剣国定公園の西にあり徳島県と高知県にまたがる三嶺、高知県側には四国最後の原生林があり、高知県物部町和久保奥のひかり石登山口より9時間半、約14km強の周回コースを楽しんだ1日でした。

登りに利用した尾根コースでは大トチの木、ブナ、ナツツバキ、ダケカンバの自然林を堪能、山頂からの大展望も申し分なし、コヒメツツジの群生とミヤマクマザサの尾根歩き、下山はちょっと荒れた渓谷コースでしたが楽しく歩くことができました。

高知県側の自然林は山の内家の御留山で200年間一度も伐採されること無く今日に至り立派な木が残っているのだと、途中であった高知の登山者に聴きました。

最後に本日ご一緒いただいたNご夫妻と素晴らしい登山日和(思った以上の涼しさ)に感謝いたします。
posted by 山ちゃん at 23:17| Comment(8) | TrackBack(0) | 四国地方の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする