2010年08月21日

夏の八ヶ峰、家族旅行村から周回です。

毎日暑い日が続いていますが、今日は涼しさを求め、周辺に「森林浴の森・日本百選」があり、ミニ芦生が体験できると言う八ヶ峰(800m・二等三角点)に挑戦です。

本日のコース(福井県遠敷郡名田庄村染ヶ谷)

八ヶ峰家族旅行村から周回です

家族旅行村P−(林道歩き)−登山口−尾根出会−八ヶ峰−尾根出会−五波峠−(林道より枝尾根下り)−家族旅行村

GPS軌道です

hatigamine.jpg


丹波の春日ICから舞鶴若狭道で一路小浜方面へ、大飯高浜ICからR16に入り工事中の山添いの道を進み名田庄坂本でR162 へ、名田庄小倉のトンネルを過ぎた所を右折し道なりに進めばそこが八ヶ峰家族旅行村です。

村の入り口から林道を右方面に少し上がった所が本日の駐車場です。

8:21 登山口に向かって林道をスタートです、N夫人今日も暑くなりそうですが頑張って歩きましょう〜

hati.jpg hati1.jpg


日陰のないつづら折れの林道を登っていきます、早速汗が噴き出した
(^^;)

8:44 約25分弱の林道歩きで登山口だ

hati2.jpg hati3.jpg


コナラ、ミズナラ、ウリハダカエデ等自然林の中の登山道を登っていきます…

登山道横に立派なブナも現れるが風もなく蒸し暑い、塩を舐め、水分を取りながらゆっくり登っていきます。

hati4.jpg hati5.jpg


9:37 尾根道出会、ここを右に取ります…

素晴らしい登山道ですが… 風の無いのが玉にキズか…

hati6.jpg hati7.jpg


10:06 八ヶ峰山頂

hati8.jpg


ガスがかかり展望は良くありません、何とか百里ヶ岳の姿を…

hati9.jpg


いつもの記念写真、その後冷えたビール(ノンアルコール)で乾杯です!

hati10.jpg hati11.jpg


10:20 五波峠に向かって縦走スタートです。

hati12.jpg


10:37 尾根出会通過

hati13.jpg


10:47 P691横を通過、しっかり地図で確認しましょう(^^)

hati14.jpg


11:15 P708近く、風が良く通る登山道でランチタイムです。

hati15.jpg


食事ををしていると可愛いワンちゃんを連れたご夫妻が…

hati16.jpg


八ヶ峰から五波峠にかけても素晴らしい登山道が続きます…

尾根1

hati18.jpg


尾根2

hati19.jpg


尾根3 ナツエビネを発見です。

hati17.jpg


11:56 舗装道が通る五波峠に到着、立派な石碑があります…

hati20.jpg


峠からは歩いてきた登山道に沿って伸びる地道の林道を…

hati21.jpg


林道左手(尾根道辺り)には立派なブナやミズナラの姿を見る事ができます。

hati22.jpg


長い林道歩きは辛いものです、林道途中からなだらかな尾根を見つけて旅行村に向かって下りましょう、目標は村にある神社だ!

hati23.jpg


方向を確認しながらヤブ気味の尾根を下っていきます…

hati24.jpg


途中からマーキングも現れひと安心、気がついた時には一つ右の尾根を下る羽目になり最後は急斜面を下ることになりました(^^;)

最後の急斜面は慎重に…

hati25.jpg


渡渉し崖を登ればそこはキャンプ場だ、炊事場で一休み…

流れ出る冷たい水でタオルを濡らし身体を拭く、気持ちいい〜(^^)

hati26.jpg


照り返しのきつい舗装道を家族村に向かって下って行きます。

hati27.jpg


13:30 車を回収し家族旅行村へ、冷メテ〜アイスで喉を潤しました。

まんぞく、マンゾク、満足 でした。 (^^)
hati28.jpg


福井県遠敷郡名田庄村染ヶ谷の八ヶ峰・家族旅行村から八ヶ峰に向かい、山頂から五波峠まで尾根を進み途中から道の無い尾根をを旅行村へ下る約5時間強、約8kmの周回コースを楽しみました。

本日歩いた登山口から八ヶ峰、又、山頂から五波峠にかけては立派なブナをはじめとして、ミズナラ、コナラ、クヌギ等の自然林を満喫することができました、紅葉の季節にもう一度歩いてみたいと思っています。

下山に使用した枝尾根は暑さを避けてのエスケープ道です、お薦めの下山道ではありませんので念の為申し添えます。

山仲間のHご夫妻の名言「山は修行だ!」本当にそんな言葉がぴったりの山歩きでした。



posted by 山ちゃん at 21:52| Comment(9) | TrackBack(0) | 関西地方の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月12日

芦生・櫃倉谷の自然を楽しみました。

いよいよ明日から梅雨入りと聞いていますが、その前にもう一度芦生の櫃倉谷を歩きましょうとumtjさんから連絡が入りました。

無論喜んで参加させて頂きました、いつもの芦生メンバー、Nご夫妻、I&Hのお嬢さん、そして山ちゃんの5人で本日の待合場所である京丹波市美山町芦生の京都大学演習林の入り口にある須後の駐車場へ、ここでumtjさんKさんY姉さんのお出迎えを受けます…

本日のコース(計画)

駐車場ー(林道歩き)ー櫃倉谷ー杉尾峠ー尾根歩きー権蔵峠ー櫃倉谷ー(林道歩き)ー駐車場 


8:30 櫃倉谷探索に向けてスタートです…

hitukura1.jpg hitukura2.jpg


京都大学芦生演習林の建物です。

hitukura5.jpg


入山届に記入し、林道を櫃倉谷入口に向かって林道を進みます…

hitukura3.jpg hitukura7.jpg


9:26 約1時間弱の林道歩きで終点広場です、ここで各人足元(登山靴、長靴、沢靴)を固めました…

私の本日の足元は長靴+スパッツです。

hitukura8.jpg hitukura9.jpg


スタート前のセレモニー!
今日も元気で芦生・櫃倉谷を楽しみましょう〜 「いえ〜ぃ」

hitukura10.jpg


広場横の沢をまず渡り、登山道に取りつき、一つピークを越え下り切った所が櫃倉谷の入口です…

hitukura12.jpg hitukura13.jpg


早速素晴らしい雰囲気のある場所に…

巨木の前でちょっと澄まして…

hitukura14.jpg hitukura17.jpg


渡渉を繰り返しながら沢を遡上していきます、枯れた巨木の前で全員写真を撮りました… 

皆さんとっても素敵な笑顔です…

hitukura19.jpg


途中、滝を避ける為一旦右の登山道へ入りますがしばらく進み元の谷川へ戻って行きます…

hitukura20.jpg hitukura21.jpg


こんな素晴らしい光景が ♪〜♪〜♪
hitukura22.jpg


ここで急にI嬢がトチの木に抱きつついて「私、我慢できない〜」
今回も彼女に精力を吸い取られ1本の巨木が犠牲になったのであります、合掌(笑)

hitukura25.jpg


谷を詰めて最後は杉尾峠に向かいます、激坂を一気に駆け上がれば林道出会いだ!

hitukura26.jpg hitukura28.jpg


林道を少し進み杉尾峠への看板から再度登山道へ…

12:03 杉尾峠〈744m〉着 ここで少し休憩です

hitukura29.jpg hitukura31.jpg


ここから権蔵峠〈658m〉へ、五波峠の看板から尾根道に入りますが藪状態が続きます…

hitukura32.jpg hitukura33.jpg


尾根道の藪状況から判断し権蔵峠への周回は取りやめ、途中の鞍部から林道へ下りことにしました。

林道の涼しい木陰で楽しいランチタイムになりました(^^)

hitukura34.jpg hitukura35.jpg


13:20 林道を戻り、喘ぎながら登った激坂も下りは簡単、一気に櫃倉谷へ…

hitukura36.jpg hitukura37.jpg


同じ谷川ですが下りの風景も絵になる所が沢山あります!

楽しく歩いていま〜す ♪〜♪〜♪
hitukura38.jpg


ルンルン気分で渡渉を繰り返しながら下っていきます…

おっと 危ない! 足を取られた山ちゃんを… N氏がシャターチャンスを逃しませんでした。

hitukura39.jpg hitukura40.jpg


最後は立派な滝を楽しみ櫃倉谷を後にしました。

hitukura41.jpg hitukura42.jpg


15:28 林道終点出会い、ここで各人運動靴に履き替えました。

15:44 駐車場に向かって長い林道歩きに入ります。

hitukura43.jpg hitukura44.jpg


16:39 約1時間の林道歩きも素晴らしかった櫃倉谷の話で盛り上がり、苦も無く無事駐車につきました。

皆さん お疲れ様でした!

hitukura45.jpg


8時間強、約15.4kmの芦生・櫃倉谷の探索はあっと言うまに終わりました…

今回も懐の深い芦生の森を再認識しつつ、清流と古木・巨木等自然を一杯満喫することができました。

本日もお世話になったumtjさんをはじめご一緒いただきましたメンバーと素晴らしい登山日和に感謝いたします。

まだまだ続く芦生探索、umtjさん期待しています(^^)
'
posted by 山ちゃん at 23:57| Comment(6) | TrackBack(0) | 関西地方の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月15日

初夏「芦生の森」・緑のシャワーを楽しみました。

昨年11月山仲間のUmtjさんの案内で紅葉の残る「芦生の森」を歩きましたが、今日は新緑の「芦生の森」を歩く事になりました。

無論案内はumtjさん、同行は三木のKさんと神戸のYさん、山ちゃんグループはNご夫妻、姫路のI&Hのお嬢さんの5人です。

今日も若丹国境尾根(杉尾峠〜野田畑峠)や「野田畑水辺の原生林」、「上谷」の探索です。

まずは杉尾峠から野田畑峠に向かう若丹国境尾根をお楽しみました。

sugio.jpg sugio1.jpg


杉尾峠からは特徴のある青葉山を見ることができました(^^)

sugio2.jpg


素晴らしい尾根を進みましょう〜、笑顔一杯のI嬢にN夫人です

sugio3.jpg sugio4.jpg


尾根1

sugio5.jpg


尾根2

sugio6.jpg


シンコポ山分岐からはなんと白山の姿を…
ワァ〜と大歓声を上げたメンバーでした。

sugio7.jpg


ここでランチタイムです(^^)

sugio8.jpg sugio9.jpg


楽しいランチタイムの後は野田畑峠に向かって一気に下ります、登山道横には朽ちた巨木の姿が…

sugio10.jpg


sugio11.jpg


緑の回廊を過ぎればそこは野田畑峠だ…

地図とコンパスで方向を確認するN夫人です、最近特に読図力が上がっています(^^)

sugio12.jpg sugio13.jpg


ここから野田畑湿原の原生林、上谷を歩きます。

緑のシャワーを浴びながら…

sugio14.jpg


「私、もう辛抱できな〜い!」と大トチの木に抱きついた感激のI嬢に、H嬢から「又、あしうから大切な木が一本減る〜」とキツイ突っ込みが…

sugio15.jpg


わいわい、がやがや、楽しい探索が続きます。

sugio16.jpg sugio17.jpg


素晴らしい!

sugio18.jpg


感激!

sugio30.jpg


熊ちゃんのお部屋に入りご満悦のI嬢です、ここで集合写真です。
今日の主役はやっぱりI嬢でした(^^)

sugio21.jpg sugio22.jpg


思い切り芦生を楽しみました…

sugio20.jpg


芦生の花

sugio24.jpg sugio25.jpg sugio26.jpg


sugio27.jpg  sugio28.jpg


好天気の下約8時間、緑のシャワーをを浴びながら芦生の森を楽しんだ1日でした。

秋の芦生は「もののけ姫」の世界を感じさせましたが、初夏の芦生は「静から動へ」、「陰から陽へ」と変わり、自然の強い力を感じたのは私だけでしょか…

ご案内頂きましたumtjさん、ご一緒した山仲間の皆さんお疲れ様でした、最後に素晴らしい芦生に感謝したいと思います。
posted by 山ちゃん at 23:38| Comment(12) | TrackBack(0) | 関西地方の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月05日

日本100名山・伊吹山の北尾根を歩く

5月4日、ゴールデンウィーク最後の山歩きとして、滋賀県と岐阜県の県境に位置し、日本100名山・花の100名山で有名な伊吹山〈1377m〉と北尾根を歩いてきました。

今回は交通渋滞や、縦走の為の車をデポする時間を勘案し初めてのツアーによる山歩きです。

本日のコース

伊吹山ドライブウェイー山頂駐車場ー西遊歩道コースー伊吹山山頂ー中央遊歩道ー山頂駐車場ー(バス移動)−北尾根取付ーP983m−御座峰〈1069.6m〉−大兀山〈1083m〉−国見岳〈1126m〉−国見峠


GPS軌道

ibuki.jpg    ibuki1.jpg


8:00 大阪梅田出発ー阪神高速ー第2京阪ー京滋バイパスーから名神へ入ります。

ガイドさんの説明を聞きながら一路伊吹山を目指してバスは走ります、少し渋滞がありましたが途中多賀SAでトイレ休憩です。

ibuki2.jpg ibuki3.jpg


関ヶ原ICを出て伊吹山ドライブウェイに入り山頂駐車場(1260m)に到着しました。10:55

11:05 多くの観光客で溢れています、まずは西遊歩道コースで117mの高低差を総勢29名(ツアー客26名、ガイド3名)伊吹山に向かってスタートです。

ibuki4.jpg ibuki5.jpg


11:30 伊吹山山頂着

ibuki6.jpg ibuki7.jpg


老若男女で溢れる山頂は俗化し山の雰囲気を楽しむ所ではありません
(^^;)


ibuki8.jpg


11:50 今日のメインは北尾根、山頂滞在わずか20分、中央遊歩道で山頂駐車場に向かって下ります。

12:04 山頂駐車場到着 ここからバスでハイウェイを少し戻った所にある北尾根の取付場所まで進みます。

ibuki9.jpg ibuki10.jpg


ハイウェイ横にあるP1206mの直下、カーブの所が北尾根の取り付き所です。

12:16 国見峠に向かって縦走スタートです、一旦下ってすぐに登りが待っています!

ibuki11.jpg ibuki12.jpg


振り返って見ました、こんな感じです、P1206mがくっきり…

ibuki13.jpg


総勢29名・1列縦隊で足並み揃えて歩いていきます。

山ちゃんは、出てくるお花の写真を取りながらしんがりを務めます、むろんその後には女性ガイドさんの姿がありました(^^)

ibuki14.jpg ibuki15.jpg


これから向かう峰々がはっきりと見えます、国見峠が最終目的地だ!

「けっこう距離があるね〜」同行のNご夫妻が…

ibuki16.jpg


P983m手前の坂を上った所で1回目の休憩です、今日は食事タイムはありません、10〜15分の休憩の間に行動食を取る事になります。

ibuki17.jpg ibuki18.jpg


御座峰に向かって尾根を進みましょう…

尾根道で伊吹山方面をバックに撮ってみました。

ibuki19.jpg ibuki20.jpg


14:05 御座峰到着 2回目の休憩です。

ibuki21.jpg ibuki22.jpg


伊吹山北尾根の登山道(大垣新道)についての表題板がありました。
多くの方の力で完成したそうです。

ibuki23.jpg


御座峰から先にも展望の良い尾根道が待っていました、先頭はず〜っと先を歩いています…

14:42 大兀山 3回目の休憩

ibuki24.jpg ibuki25.jpg


前を行くN氏の後を追って国見岳に向かう最後の登りを…

ibuki26.jpg ibuki27.jpg


15:23 国見岳到着 4回目の休憩

ibuki28.jpg


最後の目的地国見峠に向かって下りましょう、
こんな雰囲気の良い尾根の後に待っているのは岩場の激下りでした。

皆さん無事に通過されました、ガイドさんもまずはホッとされたようです。

ibuki29.jpg ibuki30.jpg


16:15 無事国見峠につきました。

お疲れ様でした、笑顔で記念写真を…
ibuki31.jpg ibuki32.jpg


国見峠から下り道の駅・伊吹山で一休み、見上げると伊吹山のお見送りが…

ibuki33.jpg ibuki34.jpg


帰りは渋滞に巻き込まれましたが、バスの中ではガイドさんから本日の山で撮った花の写真や過去に登られた山の説明で大いに盛り上がりました。

20:20 大阪駅西口無事到着です。

長いツアーの1日が終わりました、ツアーに参加の皆さん、ガイドさんお疲れ様でした、気を付けてお帰り下さい。

ibuki35.jpg ibuki36.jpg


本日の花です、お楽しみ下さい

ibuki37.jpg ibuki38.jpg ibuki39.jpg


ibuki40.jpg ibuki41.jpg ibuki42.jpg


ibuki43.jpg ibuki44.jpg ibuki45.jpg


ibuki46.jpg ibuki47.jpg ibuki48.jpg


ibuki49.jpg ibuki50.jpg ibuki51.jpg


ibuki52.jpg ibuki53.jpg ibuki54.jpg


一番最後の画像ですがガイドさんによると非常に珍しい「ヤマトグサ」との事でした。

ibuki55.jpg ibuki56.jpg ibuki57.jpg


ゴールデンウィーク最後の山歩きは、某旅行社のツアーを利用して日本100名山・花の100名山の伊吹山から北尾根を歩いてきました。

伊吹山山頂は多くの老若男女で溢れ俗化され雰囲気を楽しむ所ではありません、メインの北尾根の登山道は好天気に恵まれ、素晴らしい展望と沢山の花を楽しむ事ができました。

初めてのツアー参加、いつもと違ってゆったりとした気分で山歩きを楽しんだ1日でした、ご一緒頂きました皆さん、そして3人のガイドさんお疲れ様でした、機会があれば又ご一緒しましょう〜


追記

たまにはこんな山歩きもいいかな〜と思いつつ帰路につきました
ちなみに出発5:30、帰宅11:15 Nご夫妻お疲れ様でした。
ラベル:日本100名山
posted by 山ちゃん at 15:39| Comment(11) | TrackBack(0) | 関西地方の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月29日

京都府京丹波町・花の長老ヶ岳を楽しみました。

ゴールデンウィークが始まりました、期間中は素晴らしい登山日和のようです、山仲間の皆さんどちらの山にお出かけですか?

私は山仲間のumtjさんに誘われ今日は京丹波町の長老ヶ岳〈916.9m〉に、イワカガミとシャクナゲの花を求めて歩いてきました。

丹波市の春日ICから舞鶴若狭道で若狭方面に向かい綾部JCTで丹波綾部道に入ります、京都方面に向かい京丹波わちICを出ると府道27、ここも京都方面へ左折し道なりに進めば「道の駅・和〈なごみ〉」に着きます。

ここがumtjさんとの待ち合わせ、ここから府道27をそのまま進み市場の交差点を左折し府道12に入ります、しばらく進み「和知山の家」の看板を左折して進めば上栗野、集落を過ぎ「あまごの里」看板で右折し橋を渡り林道に入ります。

そのまま進み「7色の樹木」の看板でY字の林道を右手にはいりそのまま遡上し管理塔のある駐車場に車を止めます、ここが本日の登山口です。

cyou2.jpg cyou3.jpg


まずはコース概要とGPS軌道をご参照ください。
(クリックで大きくなります)

自然が一杯の長老山森林公園・森林ふれあいロードをピストンします。
cyou1.jpg  cyou.jpg


本日のメンバーはumtjさんとお友達のKさん(あしうでご一緒させていただきました)、Nご夫妻に姫路のI&Hの二人のお嬢さんに山ちゃんの7人です。

8:20 管理塔奥から伸びる登山道を山頂に向かってスタートします、皆さん今日も楽しい山歩きをしましょう(^^)

整備された登山道をワイワイと楽しみながら登って行きます。

cyou4.jpg cyou5.jpg


しばらく進むと西方面に素晴らし展望が現れる、登山道横にはイワカガミの群生、まだ蕾の方が多いみたいだ!

cyou7.jpg


しばらく進むとシャクナゲの姿が見えはじめました、登山道から尾根に入込みピンクの花に大歓声を上げました。

cyou8.jpg



雰囲気のある尾根道ハイウエーを楽しむI&Hのお嬢さんです…

ヒノキとスギの間を抜けるとそこは…

cyou11.jpg cyou12.jpg


山頂下の電波塔だ、ここから木の階段の登山道を一気に登れば…

cyou13.jpg cyou14.jpg


10:15 長老ヶ岳(一等三角点)到着です、360度の素晴らしい展望がありました。

cyou15.jpg


本日の展望
北北東に双耳峰の青葉山の姿がありました。

cyou16.jpg


素晴らしい展望と好天気に笑顔が一杯の皆さんです。

cyou17.jpg


しばらくの間山座同定や展望を楽しみます、仏主峠方面にも少し足を延ばしてみました。

cyou18.jpg cyou19.jpg


11:15 楽しいランチタイムに入ります。
いただきま〜す(^^)

cyou20.jpg cyou21.jpg


11:40 下山開始 ヒノキとスギの間の登山道で1組のパーティーとすれ違います、無論、笑顔でご挨拶させていただきました。(^^)

cyou22.jpg cyou23.jpg


イヌシデ、ミズナラ、カエデ、カラスサンショウ等自然林の中を下って行きます…

cyou24.jpg



12:30 桜咲く東屋のある展望台迄下ってきました。

大展望をバックにちょっとすまして…

cyou27.jpg cyou28.jpg


ワイワイ、がやがやとお喋りしながら楽しい下山が続きます…

若いウリハダカエデの群生を過ぎれば…

cyou29.jpg cyou30.jpg


12:57 無事駐車場まで帰ってきました。

お疲れ様でした

cyou31.jpg


本日の花(クリックしてお楽しみ下さい)

cyou32.jpg cyou33.jpg cyou34.jpg


cyou36.jpg cyou38.jpg cyou37.jpg


素晴らしい天候のもと、京丹波町の長老ヶ岳、長老山森林公園の管理塔奥から伸びる「森林ふれあいロード」を利用してゆったりした山歩きを楽しんだ1日でした

イワカガミとシャクナゲは少し早いようでしたがピンクの花を楽しんだのは言うまでもありません、イヌシデ、ミズナラ、コナラ、栗等自然林も一杯ある登山道も最高です、ゴールデンウィークで時間があればETC1000円均を利用してぜひお出かけください。

最後にご案内いただきましたumtjさんをはじめご一緒いただきましたメンバーの皆さんと素晴らしい登山日和に感謝いたします。


追記

駐車場から7色の樹木の看板まで下がりカツラの木を見に行ってきました。

カツラの木からスギ、ケヤキ、モミジ、カヤ、カエデ、フジの6つの木が生育し7色の樹木と呼ばれているそうです…


cyou39.jpg
posted by 山ちゃん at 23:35| Comment(8) | TrackBack(0) | 関西地方の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする