2020年11月09日

兵庫100山・能勢・三草山(564m)

最近よく足を運んでる北摂へ、今日は兵庫100山・能勢・三草山(564m)に出かけてきた。

三草山から滝王山まで進み牛の子峠から三草山の対面の尾根の破線を進み馬蹄状の周回を歩くことにしました。



本日のコース

P(慈眼寺下の空き地)−登山口−ゼフィルスの森入口−三草山−サイノカミ峠−滝王山−4等三角点・点名長谷−宮峠−牛の子峠−(尾根の破線ルート)−長谷区民家出会−P

GPSトッラクデーター

兵庫100山なれど大阪能勢町からがメインのコースのようです、目指すは能勢町慈眼寺です。

ナビの設定は住所で  大阪府豊能郡能勢町神山

舞鶴道篠山口ICを出て左折、R299 からR306を進みR372を東へ、安田西の信号の3差路を右手に取りR173を南下すると能勢町に着きます。

ナビに導かれ無事慈眼寺に着きました。

ji.jpg


9:51 慈眼寺下の道路の空き地に車を止めさせていただき、準備をしてスタートしました

m1.jpg


眼下に長谷区の集落を眺めながら進む

m2.jpg


すぐに三草山への指標に出会うのでここを左折する

m3.jpg


棚田横のアスファルト農道を詰めて行く・・・

m4.jpg


農道を詰めると左手にため池がありその奥に三草山の指標があります

m5.jpg


農道を右折し本格的な登山道に入って行く

m6.jpg


荒れた登山道横に並行して新しく踏み固めた道がありそのまま登りつめると

ゼフィルスの森入口の看板があります

m7.jpg


ここで右折し紅葉の始まったゼフィルスの森を楽しみながら高度を上げて行く

m8.jpg


木段を一気に登るとそこが

m9.jpg


10:48 台地が広がる三草山だ!、5名の登山者のお出迎えがありすぐに下って行かれた

m10.jpg


南方面に展望が広がっています

大船山方面

m11.jpg


六甲山系

m12.jpg


感じのいい山頂を後にして

m13.jpg


10:55 北方面に下る登山道に入る、向かうは滝王山だ!

m14.jpg


クロモジやコシアブラの黄葉が進んで登山道を照らしているようだった(^^)

m15.jpg


サイノカミ峠到着

m16.jpg


峠からはしばらく林道を進み

m17.jpg


途中で林道を離れ右の尾根に入って行く

m18.jpg


正面に滝王山に続く杉の斜面に出会う、ここで先に出発された5名に追いついた

m19.jpg


5人は左に迂回して進まれたがそのまま直登する

m20.jpg


11:42 大岩のある滝王山に到着、展望も標識もなにもありません

m21.jpg


しばらくして5名グループが登って来られた、大岩の向こうに祠が祀ってあると聞く

巻いて進むと直立した岩の上に祠がありました

m22.jpg


標識もありました

m23.jpg


11:55 展望もなくそのまま尾根を下り、日が射す登山道でランチタイムを取る

m24.jpg


12:25 縦走開始

すぐに4等三角点・点名長谷(507.3m)を通過すると

m25.jpg


宮峠だ!

m26.jpg


ここを右方面に下ると長谷区に出ますがそのまま直進する

m27.jpg


黄葉を楽しみながら尾根を進み

m28.jpg


迷いやすい箇所はGPSで確認しながら前進すると

m29.jpg


牛の子峠だ!

m30.jpg


少し進んだ所から谷筋に下ると長谷区の奥に出ますが、尾根に続く破線の道を探すも見当たらず

斜面の中に道らしいものを発見しそのまま進むことにしたがこれは失敗

m31.jpg


すぐに修正し藪気味の破線道を進んでいくと

m32.jpg


明確な登山道が出てきた

m33.jpg


杜松のケルンを見ると分岐に出会う

m34.jpg


m35.jpg


右方面に進路を取り下って行くと綺麗に整備された栗林出会い!

m36.jpg


そしてすぐに集落に出る

m37.jpg


三草山と棚田を眺めながら集落の中を駐車した車に帰る・・・

m38.jpg


14:25 慈眼寺に帰って来ました

m39.jpg


兵庫100山・能勢の三草山、大阪の能勢町にある慈眼寺からスタートし三草山からサイノカミ峠まで下り登り返して滝王山まで縦走する、下山は宮峠、牛の子峠を経て三草山対面の尾根の破線道を利用して慈眼寺に帰る、9.3q、4時間半強、馬蹄状の周回コースでした。

三草山に向かうゼフィルスの森の紅葉も進んで山頂からの展望はまずまず、只、滝王山への取り付きと直登には注意が必要です、又、牛の子峠からの尾根の破線道は少し藪気味ですが問題ありません。

低山ながら三草山と滝王山、そして長谷の棚田のコラボした楽しいコースの紹介でした、宮峠までは問題なく歩くことはできますが、そこから先は迷いやすい箇所もありますので地図とコンパス、GPS持参でお楽しみください。
posted by 山ちゃん at 15:50| Comment(0) | 兵庫県の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。