2020年08月09日

兵庫県最高峰・氷ノ山

梅雨明けはしたものの湿気の多い天候で温度も高く不快指数は最高の状態にある、今週は天然クーラーを求めて兵庫の屋根、県下最高峰の氷ノ山(1509.8m)に行ってきました。

[ここに地図が表示されます]


本日のコース

殿下コース登山口−坂の谷コース出会−三の丸コース出会ー三の丸−山頂−神大ヒュッテ−大屋町避難小屋−大段ヶ平登山口

GPSトッラクデーター

養父市大屋町中間区から横行渓谷を遡上すると広域林道氷ノ山のT差路にであうので左折し道なりに進むとバイオトイレのある殿下コースの登山口につきます

バイオトイレの横の道路の空き地に車を止めて準備をする

h1.jpg


9:02 登山口をスタート

n2.jpg


最初はブナ林の中をゆっくり高度を上げて行く、すぐに仙人門と名付けられたブナに着きます

n3.jpg


高度上げるにつれて登山道はブナ林から背より高い根曲竹の中に入って行く、
青空と濃緑が美しい(^^)

n4.jpg


坂の谷コース分岐通過

n5.jpg


吹き渡る風が肌に心地よい、先週の三国岳と比べると雲泥の違いだ!

n6.jpg


鳥取方面から伸びた三ノ丸コースに出会うと

n7.jpg


避難小屋だ!

n8.jpg


そしてすぐに三ノ丸に到着します

n9.jpg


展望台に登ると吹き渡る風が体に心地よい(^^)

定番の氷ノ山方面の展望、やっぱりこの風景は最高です!

n10.jpg


東山方面はガスで展望は薄く、根曲竹の海が風に吹かれて広がっている

n11.jpg


整備された登山道を行くと山頂が段々近くになってくる

n12.jpg


ゆるいアップダウンを繰り返しながら大杉の湿地滞を抜けると最後の登りが見えてくる

n13.jpg


山頂直下で振り返って三ノ丸

n14.jpg


久しぶりの千年伽羅木、元気な姿で立っていました

n15.jpg


10:51 バイオトイレのある東屋に到着です

n16.jpg


まずは風がよく通る2階でランチタイムを取ることにしました

東屋から眺めた三ノ丸方面

n17.jpg


北方面に山頂の避難小屋が目の前にあります

n18.jpg


バイオトイレの2階の風は台風のような強さで、ウインドブレーカーを着こまないと寒かった!

11:26 ランチを済ませ山頂へ・・・

n19.jpg


さすが人気の山、大勢の登山者の姿が・・・

n20.jpg


密も気になりますので、氷ノ山越え方面の展望を確認しすぐに下山を決める

n21.jpg


殿下コースピストンの予定で登ってきましたが、大段ヶ平へ下ることに変更し山頂を後にする

n22.jpg


下りは早い、すぐに神大ヒュッテに

n24.jpg


大段ヶ平コースの特徴は、登山道上に立派なブナの木を楽しむことができるのが嬉しい(^^)

n25.jpg


大屋町避難小屋を通過すると

n26.jpg


登山道沿いに若いブナの並木があり、このコースで私の一番好きな箇所でもある

n27.jpg


n28.jpg


12:28 大段ヶ平に帰ってきました、ここから殿下コースまでの長い林道歩きを覚悟した時、トイレの前で笠形山で知り合った加西のSさんとバッタリ、事情を説明すると、殿下コースの登山口まで送っていただくことになりました。

n29.jpg


日本200名山、兵庫100山・氷ノ山、殿下コースで山頂へ、大段ヶ平へ下る周回コースを歩いてきました、さすが兵庫の尾根と呼ばれる山塊で吹き渡る風は涼しく、展望とともに山を楽しみました。

特に三ノ丸の展望台とランチを取った山頂直下のバイオトイレの展望所は、まさに天然クーラーを体感、バイオトイレの2階はウインドブレーカーを着こまないほどの寒さです、この時期の氷ノ山はまさに狙い目通りの山になりました。

最後になりましたが、加西のSさん、おかげで長い林道歩きをせずにすみました、感謝の気持ちで一杯です、本当にお世話になりありがとうございました、又、笠形山でお出会い出来るのを楽しみにしています。
ラベル:日本200名山
posted by 山ちゃん at 09:13| Comment(2) | 兵庫県の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
山ちゃん
相変わらず元気ですね。羨ましい!
最初、一人旅のようなのに殿下→大段に下山した、
と書き込み見て暑い時期なのに”あの林道歩きでもとにもどる?”
と心配しました。知り合いの方に会ってよかったですね。

Posted by せきやん at 2020年08月12日 12:09
せきやん

ご無沙汰しています、ご活躍をブログで拝見しています、お孫さんも大きくなられましたね、はや小学5年生とはビックリです。

氷ノ山は涼しさを求めての登山でしたが、狙い目通りで、バイオトイレの2階は冷たい風がふいていました、身体が冷えて元気がでたのでしょう、大段に下りましたが、神の思し召しか、ぱったり知人に会い殿下まで送っていただきラッキーでした。

暑さとコロナ、自分で自分を守るしかないのでしょうね、お互い健康に留意して夏を乗り切りましょう!
Posted by 山ちゃん at 2020年08月13日 08:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。