2020年05月23日

兵庫100名山・金山

緊急解除宣言もあり、久しぶりに足を延ばしてみました、向かったのは兵庫100名山・金山(540m)です、今回は追手神社からスタートし高畑山〜金山を経由して追手神社に帰る周回コースに挑戦してきました

[ここに地図が表示されます]


本日のコース

P(追手神社奥の空き地)−古坂池ー支尾根取付きー尾根ー高畑山(3等三角点・点名高畑461.4m)ー尾根ー馬頭(4等三角点・点名金山501.4m)−下山分岐ー鬼の架け橋登山道ー鬼の架け橋ー金山ー追入分岐ー大乗寺登山口ーP

GPSトッラクデーター

R175を福知山方面に向かって丹波市へ、氷上町稲畑区の錦橋東詰の信号を右折しR290を進み、柏原下町のT字交差点を右折しR176へ入ります、新鐘ヶ坂トンネルを抜けるとそこは篠山市追入区、金山の指標を右に見ながら大山宮にあるモミの木と春のお花(ユキワリイチゲ・アズマイチゲ・キクザキイチゲ等)で有名な追手神社を目指す

ナビの設定は 住所ー兵庫県丹波篠山市大山宮302

9:07 神社横の空き地に車を止めてアスファルトの道をスタートです。

k1.jpg


道を詰めると古坂池に着きます

k2.jpg


古坂池の左手に地形図上の破線がありますのでGPSで確認しながら進み、途中で左手の急斜面の支尾根に取り付き主尾根を目指す

k3.jpg


9:57 尾根を少し進むと展望のない高畑山(461.4m)に到着です

k4.jpg


高畑山からは植林の中の尾根をアップダウンを繰り返しながら進んでいく

k5.jpg


少し自然林が現れたら・・・

k6.jpg


馬頭(4等三角点・点名金山501.4m)に着きます

k7.jpg


馬頭から1つ目のピークが下山分岐、ちょっと藪気味の支尾根を下り渡渉すれば・・・

k8.jpg


登山道に出会う

k9.jpg


この道が鬼の架け橋に向かう登山道だ!

k10.jpg


こんな指標があります

k11.jpg


登山道に鬼の忘れた大岩を見ると

k12.jpg


すぐに鬼の架け橋に到着です

k13.jpg


展望もよし、眼下にR176 を見ることができました。

k14.jpg


架け橋から東へ少し登れば

k15.jpg


11:57 金山に到着です

k16.jpg


明智光秀が丹波制圧の際築城した金山城跡であり、ここも大河ドラマの「麒麟が来る」で人気沸騰中のようです・・・

k20.jpg


山頂は東方面を除き展望が広がっています、同定板もありました
(2度クリックで大きな同定板を見ることができます)

k21.jpg


北方面の展望です、譲葉山の奥に大江山が・・・

k19.jpg


南方面、歩いてきた高畑山の尾根を見ながらランチタイムです

k32.jpg


南西方面、妙見山、白山、石金山か?、ちょっと自信がない(^^;)

k17.jpg


12:32 下山開始

k22.jpg


すぐに鬼の架け橋分岐

k23.jpg


そして園林寺(おんりんじ)跡に出ます

k24.jpg


大山荘を望む展望地を過ぎると追入方面分岐に出ますがそのまま直進し一気に下っていくと

k25.jpg


あっと言うまに大乗寺側の登山口だ!

k26.jpg


白い大きな花の右手奥には

k28.jpg


古刹の大乗寺がありました

k27.jpg


道路を左手に取り立派な門を過ぎた先で

k29.jpg


エスケープ道に入り、車を目指す

k30.jpg


13:10 無事帰ってきました

k31.jpg


鬼の架け橋で有名な兵庫100名山・金山、春のお花とモミの木で有名な追手神社からスタートし古坂池から急斜面に取り付き、2つの三角点(点名高畑、点名金山)をふんで金山へ、下山は古刹・大乗寺へ下る、時計周りで6.9km、4時間の周回でした。

有名な金山とちょっとマイナーな2座(高畑山・馬頭)をセットした周回コースです、展望のない尾根歩きですが結構楽しくあるけます、古いテープはありますが注意が必要です、ヤマップ地図、GPS持参でお出かけください。
posted by 山ちゃん at 00:00| Comment(0) | 兵庫県の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。