2019年10月26日

北摂最高峰・深山(790.5m)

竹馬の友らがるり渓温泉に遊びに行くと言う、今回もアルコールを飲まない私に誘いがあった、彼らの目的は車の運転だ、誠に勝手な奴らの申し出であるが、近くに北摂の最高峰・深山(790.5m)があるので登山を兼ねて温泉を楽しむ事にした。

深山(みやま)は大阪府豊能郡能勢町と京都府南丹市との境界に位置する山。標高790.5 mで北摂山系の最高峰である。大阪50山の一つである。大阪府北部の最高峰でもあり、標高の高さの割に良い展望を有している。

[ここに地図が表示されます]


本日のコース ピストンです

P(るり渓温泉)−(車道)−登山口−深山

GPSトラックデーター

ナビの設定はるり渓温泉 TEL0771−65−5001

舞鶴若狭自動車道・丹南篠山口ICからナビに導かれ「温泉」の無料駐車場に到着する、幼馴染達は温泉に向かい私は深山に向けて準備をする

m1.jpg


11:00 るり渓ゴルフ場を右に見て、紅葉の始まった道路を登山口に向かって足を運ぶ!

m2.jpg


るり渓やぎ農園を左手に見るとすぐに道路の対面に登山口があります

m3.jpg


ゴルフ場を右手に見ながら

m4.jpg


登山道を登って行く

m5.jpg


道は明確で写真にあるような表示板があるので道を迷うようなことはありません

m6.jpg


最初のススキ場を過ぎると

m7.jpg


最初の展望地に出ます

m8.jpg


ここからはゴルフ場や温泉の建物が箱庭のように・・・

m9.jpg


深山の南にあるピーク(南峰?)が近くになると

m10.jpg


左手に深山山頂にある建設省の深山雨量観測所が見えて来た

m11.jpg


深山へ続く登山道から山頂を眺めながら足を運ぶ

m12.jpg


途中から登山道は観測所の管理道と並行に進み

m13.jpg


黒松のある登山道がススキで負被さるヶ所を過ぎると紅葉の始まったドウダンツツジが目に飛び込んできた

m15.jpg


12:05 最後はススキを手で除けながら進み管理道に出会うと山頂到着です

m16.jpg


雨量観測所の中央扉の左手にある歩行者用から敷地内に進むと

m17.jpg


正面に石の鳥居があり

m18.jpg


その奥に木の鳥居があり大きな石が祭られています

m19.jpg


山頂の表示板

m20.jpg


山頂は360度の展望です、山座同定ができる写真の掲示板(東西南北)があり山の名前がよく判る(^^)

030.jpg


山頂の奥まで廻りこむと「ささやまの森公園方面」、舩谷山(ふなたにやま、730 m)に続く尾根が続いていました

m22.jpg


北方面の展望と

m21.jpg


足元に咲くセンブリの花を愛でながらコーヒータイムだ!

m23.jpg


12:28 臼塚にお参りして下山開始

m24.jpg


ススキの覆う登山道を避けて管理道を下る事にする

m25.jpg


少し下った所から登山道を越え左手にある作業道?まで進み下って行く

m26.jpg


途中で正規の登山道に戻り、南峰(山頂から南のピーク)に立つ、振り返って深山山頂

m27.jpg


そしてゴルフ場方面の展望

m28.jpg


あっと言う間に登山口、右手のカフェ(駐車場)の木々は綺麗に紅葉をしています(^^)

m29.bmp


13:35 無事駐車場に帰ってきました。

m30.jpg


北摂の最高峰・深山、一番歩かれている「るり渓温泉」からスタートし登山口からピストン、距離7.3km、2時間半強の山歩きでした。

低山ながら山頂&南峰からの展望は申し分なく、名だたる山を眺めることができる深山はお手軽登山と温泉付きのお薦めの山です、未踏の方は機会が是非あればお出かけ下さい・・・

登山道は整備され標識もあります、只、ススキの刈り取りされていない箇所がありますので下山時は注意が必要かと・・・


その後温泉にいる幼馴染と合流しゆっくり温泉で身体を癒し帰路につきました。
posted by 山ちゃん at 19:48| Comment(0) | 関西地方の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。