2019年05月10日

若狭の百里ヶ岳(931.3m)

福井県小浜市の上根来区から木地山峠を経由して百里ヶ岳(931.3m)山頂へ、下山は根来峠まで下り、古道の鯖街道を利用して上根来区に帰る周回コースを久しぶりに歩いてきました。

百里ヶ岳−滋賀・福井県境にある百里ヶ岳は、雄大な山容と百里四方が見渡せることから名付けられた。多くの登山者が憧れる山である、昔は福井県の上根来から根来坂を経て登るのが一般的だったが、近江側に「百里新道」が開かれ、京阪神から多くの登山者が日帰り登山を楽しまれ
ているようです

h19.jpg


[ここに地図が表示されます]


本日のコース

P(上根来区共同墓地前)−木地山峠−百里ヶ岳−根来峠−百里ヶ岳登山口(日本遺産認定記念碑)−P

GPSトッラク軌道

舞鶴若狭道小浜ICからR27に入り敦賀方面へ、東小浜駅口の信号を右折しR35を遠敷川沿いに走る、毎年3月2日、奈良東大寺二月堂へ水を送る神事「お水送り」が行われる鵜の瀬を過ぎ、下根来からは道は狭くなりますがそのまま道なりに遡上すると上根来区に着きます、木地山峠登山口の看板の少し先にある共同墓地の前にある空地に車を止め準備をする

10:04 共同墓地前をスタートしました

h1.jpg


集落方面に少し戻った所から林道に入って行きます・・・

h2.jpg


右下に谷川を見ながら進み

h3.jpg


林道終点から沢筋方面へ下り木地山峠への標識から本格的な登山道に入っていきます

h4.jpg


渡渉をくり返しながら沢を詰めていきます

h5.jpg


要所々にある標識を見ながら足を運ぶ・・・

h6.jpg


幹に取り付けられた小さな登山道の標識で左折します、ここは直進しそうになるので注意が必要です

h7.jpg


尾根に取り付くと待っていたのはグリーンシャワーの自然林です

h8.jpg


今が盛りのシロヤシオ?の花を眺めながら

h9.jpg


自然林の中を順調に高度を上げていきました

h10.jpg


木地山峠の標識を過ぎると

h11.jpg


小栗山方面に向かう支尾根を左に見て

h12.jpg


山合いを進む、ここは道が荒れていますので注意をしながら進むと

h13.jpg


木地山峠到着します

h14.jpg


お地蔵様にご挨拶をして

h15.jpg


高島トレイルの道を百里ヶ岳へ・・・

h16.jpg


左手に駒ヶ岳の美しい姿を眺めながらアップダウンの道を進む

h17.jpg


若いブナ林の斜面を登れば

h18.jpg


12:39 百里ヶ岳に到着!

h19.jpg


百里四方が見渡せるとの事だが山頂廻りには木々があり展望はよくありません、東方面に少し展望がありました。

h20.jpg


13:16 ゆったり休みました、山頂を後にして周回スタートです

h21.jpg


雰囲気のある尾根を楽しみながら進めば・・・

h22.jpg


左手に美しい山容の山が見える「蛇谷ヶ峰か?」

h23.jpg


高島トレイルの尾根はやっぱり楽しいな〜

h24.jpg


あっと言うまにお地蔵様のお出迎えがある根来峠だ!

h25.jpg


峠に咲くイワカガミに心を和ませ

h28.jpg


山合いの道(鯖街道)を下って行く・・・

h29.jpg


掘割の様な街道を過ぎると

h30.jpg


左手に林道が現れるがそのまま下れば

h31.jpg


池の地蔵様だ

h32.jpg


鯖街道は一旦林道に出て

h33.jpg


再度林道を離れ尾根に入って行く

h34.jpg


ゴザ岩を眺めながら一気に下れば

h35.jpg


鯖街道の石碑のある百里ヶ岳登山口だ!

h36.jpg


後は林道を牛舎跡?を横目に歩けば・・・

h38.jpg


15:30 無事共同墓地に帰ってきました

h39.jpg


若狭の百里ヶ岳、小浜市上根来から木地山峠を経由して山頂へ、下山は根来峠まで下り鯖街道を上根来に帰る5時間半の周回コースを満喫です

木地山峠から根来峠までは雰囲気のある高島トレイルの道です、根来峠からは先人達が歩いた古道を楽しみながら歩く事ができました、只、百里ヶ岳からの展望が今一歩なのがで残念でしたが、全コースを通じて緑の山を堪能したことに大満足の1日になりました GOOD!

posted by 山ちゃん at 18:48| Comment(0) | 北陸地方の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。