2018年07月29日

日本100名山・赤岳(八ヶ岳)

今シーズン最初の夏山は日本100名山・赤岳(2899m)に登ってきました、当初は行者小屋から赤岳に登り、山小屋で1泊して横岳、硫黄岳を経由して赤岳鉱泉に下る定番の周回コースを予定してましたが、台風12号の影響で急遽日帰り登山に変更し歩いて来ました。

赤岳(八ヶ岳山系)−山名は山肌が赤褐色であることに由来し、山頂は南峰と北峰に分かれており、南峰に一等三角点[1]と神社がある。北峰には赤岳頂上山荘がある。南峰とその南の権現岳との間はキレット(鞍部)となっている。麓は冬はスキー客で、夏は避暑地として賑わう

詳しくはウィキペデアをご参照ください

[ここに地図が表示されます]


本日のコース ピストンです!

P(やまのこ村)−美濃戸山荘−行者小屋−阿弥陀岳分岐−(文三郎道)−中岳・阿弥陀岳分岐−赤岳(2899m・1等三角点)


GPSトラックデーター

前夜は諏訪のビジネスホテル泊、早朝登山口の美濃戸に向かって車を走らせます、ナビの設定は駐車予定のやまのこ村、美濃戸バス停から先はネットでも書かれている通り悪路、慎重に車を走らせやまのこ村着は4時半、駐車場受付は5時からの為準備をして待機する・・・

4:58 受付を済ませ薄暗い中をスタートしました。

a1.jpg


すぐに赤岳山荘前だ!

a2.jpg


5:07 美濃戸山荘

a3.jpg


山荘奥から南沢のコースに入って行く

a4.jpg


沢に架った木橋を渡って沢を詰めて行きます

a5.jpg


白樺と苔

a6.jpg


大岩と苔、そんなに急な登山道ではないですがだらだと登っていきます、歩きにくい箇所が多かったです・・・

a7.jpg


7:55 やっと行者小屋、ちょっと頭が痛い、標高2350m、そろそろ悪友が来そうだ!

a8.jpg


小屋前から見た阿弥陀岳方面

a9.jpg


8:27 阿弥陀岳分岐

a10.jpg


文三郎尾根の鉄パイプの階段に突入、厳しい急斜面が待っていました。

a11.jpg


左手は硫黄岳方面の稜線?

a12.jpg


右手に中岳と阿弥陀岳をみながらゆっくりと高度を上げて行く

a13.jpg


中段辺りから見た赤岳の山塊の一部

a14.jpg


9:50 中岳・阿弥陀岳分岐、この辺りまで登ってくると完全に悪友(高山病)のペースにはまっている

a15.jpg


分岐を過ぎても待っていたのは岩の鎖場、恐るべし文三郎尾根!

a16.jpg


10:50 やっと赤岳山頂です

a30.jpg


沢山の登山者で溢れています

a17.jpg


赤嶽神社にお参りした後は展望を楽しむ

a19.jpg


まずは権現岳方面

a21.jpg


頂上山荘から伸びる横岳方面の展望、もうしばらく楽しみたいが悪友が私を攻めてくる

a20.jpg


11:31 中岳・阿弥陀岳分岐、下りはやっぱり早い(^^)

a22.jpg


左手に中岳と阿弥陀岳

a24.jpg


右手に横岳方面の展望を楽しみながら

a23.jpg


行者小屋に向かって慎重に下っていく・・・

a25.jpg


12:31 阿弥陀岳分岐

a26.jpg


12:42 行者小屋に帰ってきました。ここまで下って来ると悪友も何処かに行ったようです。

a27.jpg


行者小屋からも嫌になるぐらい長い登山道を下って行く

15:00 やっと美濃戸山荘

a28.jpg


15:07 無事やまのこ村に無事帰ってきました。

a29.jpg


日本100名山、八ヶ岳山系の赤岳に美濃戸のやまのこ村から行者小屋を経由して文三郎尾根を利用して山頂に向かう約10時間の往復登山でした。

行者小屋から先の文三郎尾根の急斜面には本当につかれましたが、悪友(高山病)の誘いに負けず好天気に恵まれた赤岳を堪能です、今年も健康で夏山登山を無事スタートできたことに感謝した1日となりました。

次回は赤岳鉱泉から登り山小屋泊で八ヶ岳山系を楽しみたいものです、しかし、にっくきは悪友・高山病、これからも上手に付き合いながら山歩きをするしか・・・諦めの境地です(泣きたくなります)


赤岳に咲いてたお花です(^^)

a1.jpg


a2.jpg


a3.jpg


a4.jpg


a5.jpg


a6.jpg
ラベル:日本100名山
posted by 山ちゃん at 09:32| Comment(2) | 中部地方の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
山ちゃん お帰りなさい。

赤岳登頂、おめでとうさんです。
いいお天気で良かったですね。
行者小屋からの激斜面を日帰りは大変だったことでしょう。

ワタクシたちは今日からプチカーネルを神鍋で楽しむことにしています。


Posted by オンシュガー at 2018年07月31日 10:06
オンシュガーさん

プチカーネルお楽しみされましたか?

台風到来で山小屋泊が日帰り登山となってしまいました。
行者小屋から先文三郎尾根の急登りは、悪友と激斜面に苦しめられましたが、
何とか登頂することができて喜んでいます。

今週末も色々行事があり山歩きができませんので
今日は思いきって氷ノ山に、大段平からピストンでした、
バイオトイレの2階の風は冷たくて寒かったです。
Posted by 山ちゃん at 2018年08月01日 17:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。