2018年05月21日

京都府綾部市の大栗山!

京都府綾部市弓削区から大栗山(3等三角点・点名大栗)681.4mに登ってきました、先日登ったシデ山から尾根を西に進み大栗峠から少し先に在るのが大栗山です、今回は大栗山からシデ山の縦走の下見も兼ねた山歩きを楽しむ事にしました。

[ここに地図が表示されます]


本日のコース
 (ピストン)

P(弓削区集落奥)−(旧破線)−正規登山道−上林城跡分岐−大栗山−大栗峠−展望地


GPSトラックデーター大栗山

目指すは綾部市の「あやべ山の家」、ナビの設定は0773−55−0318(この番号は予約番号)にして車を走らせる、舞鶴道の福知山インターを出てR8を経由してR1を進む、上林の3差路(R51分岐)から約500m進みガソリンスタンドで右折、弓削橋を渡り集落の右手奥(破線の入口)の農道の空地に車を止めます。

駐車地より弓削集落を眺めています。

o1.jpg


9:25 獣除けの扉を開けて破線を確認しながら進むも道は崩壊してます、仕方がないので植林の中を突っ切って正規登山道に向かって支尾根に取り付く事にしました。

o2.jpg


集落から伸びて来た登山道に無事出会いました、後はこの道をひたすら登れば山頂に着きます。

o3.jpg


最初は植林の中を進みますが高度を上げるにつれて自然林が現れていい感じに・・・

o5.jpg


o6.jpg


11:00 南無大師遍照金剛の石碑、右ゆげ道 左志ろ下?

o7.jpg


上林城まで4km、大栗峠0.5kmの案内板があり、整備された道が上林城方面から伸びて来てます、只、目指す大栗山は大栗峠までにあるはずですがどうやら山頂の左下を巻いて登山道は峠に向かっているようです。

o8.jpg


思った通り登山道は大栗山の下を巻いて伸びています、仕方がないので右の斜面に取り付き山頂に向かう!

o9.jpg


11:13 全く展望のない大栗山到着、ひっそり3等三角点・点名大栗がありました。

o10.jpg


尾根を少し東方面に進むと極楽尾根、眼下に大栗峠らしき場所を確認して少し戻り

o11.jpg


タニウツギを見ながらランチタイムを・・・

o12.jpg


11:56 尾根から登山道に降りて東方面に進むと

o13.jpg


12:02 すぐに大栗峠に着きます。

o14.jpg


先日登ったシデ山へはここから東へ1.3kmらしい

o15.jpg


12:05 峠から東へ少し進む、最初のピークがベンチのある展望所だ!

o16.jpg


北方面に展望があり、君尾山や弥仙山等を楽しんだ後は引き返す事にします・・・

o17.jpg


12:09 展望所から下り大栗峠のお地蔵様にご挨拶して帰路につく

o19.jpg


12:18 上林城跡分岐

o20.jpg


自然林を楽しみながら下って行く

o21.jpg


今年初めてのギンリョウソウも発見

o22.jpg


12:51 瀬尾谷分岐

o23.jpg


登山道の右手に君尾山を確認し一気に正規登山道を下って行く

o24.jpg


13:04 登山口、扉を開けて・・・

o25.jpg


集落の中を抜け

o26.jpg


13:12 無事帰ってきました。

o27.jpg


京都府綾部市の大栗山、弓削区集落から取り付き登山道を一気に登り大栗山山頂を踏んで大栗峠へ、その後展望所まで進む、ピストンの約8.2km、4時間弱の山歩きでした。

取り付きの破線は崩壊してますので正規ルートでのスタートが正解、スタートから上林城跡分岐までは登りが続きますが、植林を過ぎると自然林が現れて気分を癒してくれます、大栗山は展望は有りませんが大栗峠までは極楽尾根が続いています、大栗峠のお地蔵様に歴史を感じたあとは展望所から君尾山や弥仙山等の展望を楽しむことができます。

お手軽登山としての大栗山も有りですが、やはりシデ山への縦走が1番かと考えます、紅葉の時期には歩きたいと思っていますので山仲間の皆さんご一緒、宜しくお願いします。
posted by 山ちゃん at 08:03| Comment(0) | 関西地方の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。