2017年05月20日

但馬の山・白菅山、小城から周回です。

今週の山は但馬の香美町村岡区山田奥にある小城から3等三角点・点名小城(P831m)を経由して 白菅山(P896.4m)まで進み、下山は支尾根を利用して小城まで帰る周回コースに挑戦してきました。

[ここに地図が表示されます]


本日のコース


P(八坂神社の上・蘇武三川林道の3差路)−登山口(駐車場前)−尾根出会(P707)−3等三角点・点名小城(P831m)−林道出会1−白菅山登山口−白菅山(3等三角点P896.4m)−林道出会2−(エスケープ道)−小城(廃村)−八坂神社−P

GPSトラックデーター

播但道から近畿豊岡道で豊岡方面に向かい、八鹿氷ノ山ICで降りてR9を鳥取方面へ、道の駅ファームガーデンを過ぎ村岡区入江でR266からR4に入り左手に但馬大仏を見て香住に向かう、村岡区高津の手前でR4を離れ村岡区和佐父方面に進路を取る、和佐父を過ぎ山合いの細い林道を進むと村岡区小城(廃村?)につきます、集落の上部、(八坂神社の上)蘇武三川林道の3差路の空地に車を止めました、今日はここからスタートします。

本日のメンバーはオンシュガー&端人ご夫妻、H&I嬢です。

si1.jpg


小城分岐駅の標柱がありました。

si2.jpg


タニウツギを見ながら

si4.jpg


準備をしていると村岡区山田に住まれている方が軽トラックで登って来られたのでしばらく談笑させていただきました、この林道は村岡ダブルフルウルトラマラソンのコースで今日は林道の状況を見に来られたようです、ご自身もウルトラマラソンに挑戦されているようです。

si3.jpg


9:25 駐車場の前から急斜面に取り付いた

si5.jpg


途中から明確な踏み跡が現れてすぐに素晴らしい尾根が・・・

si6.jpg


9:45 主尾根(P707)に到着

si7.jpg


小城越に向かわず主尾根を右手に取って高度を上げるとねじ曲がった木や

si8.jpg


幹に穴のあいた木を楽しみながら足を運び・・・

si9.jpg


ワオーの歓声を上げながらブナの極楽尾根を進むと

si10.jpg


10:12 3等三角点・点名小城(P831m)に到着します、展望は有りませんが周辺は刈り取られて広い台地になっています。

si11.jpg


さ〜先を急ごう、立派なブナや

si12.jpg


変な木を見ながら尾根道をたどりながら進む

si13.jpg


大杉のある台地まで来た時に会長様が「めし〜」の号令があり楽しいランチタイムに入りました。

si14.jpg


楽しいランチも終わり周回のスタートです、極楽尾根を楽しみながら進むめば

si15.jpg


尾根に並行して林道に出会いますので尾根から離れ林道に降りて白菅山の登山口に向かう・・・

si16.jpg


11:50 白菅山登山口

si17.jpg


林道から右手に作業道が伸びています、作業道から尾根に取り付くとブナに赤ペンキで山と書いてあります、これが白菅山への目印だ!

si18.jpg


白菅山に向かうこの尾根には若いブナを一杯見ることができます(^^)

si19.jpg


si20.jpg


最後の急斜面を一気に登り詰めるとそこが・・・

si21.jpg


12:15 白菅山だ! 3等三角点にデ〜ン、このタッチの事をレディボーデ〜ンと言います(笑)

si22.jpg


ここでI嬢とH嬢から冷たいオレンジゼリーとオレンジを頂きながらちょっくら休憩です。

si25.jpg


山頂の少し先に和佐父に下る指標がありますが小城に向かって尾根を下っていきます・・・

si26.jpg


ここにも素晴らしいブナの尾根がありました。

si27.jpg


si31.jpg


大ブナに抱きつくH&I嬢、そして大きな声でお馴染の「京橋や〜♪♪」

si28.jpg


皆が揃って「え〜とこだっせ〜♪♪」と尾根を下る(^^)

si29.jpg


13:03 P700

si30.jpg


尾根を慎重に選びながら下っていきます

si32.jpg


尾根道に小熊か? よく見ると切り株でした(^^)

si33.jpg


途中から予定のコースから離れ林道に向かって激斜面を下る、「やっぱり最後は藪気味の激斜面や!」と後で誰かが言ってますが無視して下る、下る(^^)

13:43 林道出会2(本日2回目)に無事立ち下りました。

si34.jpg


この林道は和佐父から朝通ってきた道です。

タニウツギや

si35.jpg


ホウの花も

si36.jpg


こんな花や(ちょっとピンぼけですが・・・)

si37.jpg


フジの花を楽しみながら

si38.jpg


林道を小城に向かって帰ります。

si39.jpg


長い林道歩きは辛いものです、途中から小城の先人達が歩かれていた生活道に入りエスケープをしましょう。

si40.jpg


再度林道に出てますのでここを登り詰めると・・・

si41.jpg


小城集落の廃居跡?に到着です、少し探索です!

si42.jpg


主のいない家の庭にはクリンソウが鮮やかな花を咲かせていました。

si43.jpg


集落の最上部にある八坂神社です

si44.jpg


その昔、秋祭りで参拝に来た先人達と同じように我々を迎えてくれた、正面左の狛犬さん

si45.jpg


そして右の狛犬さん

si46.jpg


14:32 神社の上がスタート地点、3台の車が我々を迎えてくれました。
お疲れ様でした!

si47.jpg


そして恒例の反省会です、今日はI嬢の手作りの抹茶入りのパウンドケーキや

si48.jpg


小豆の入った抹茶ムース?

si49.jpg


端っ子さんから冷えたコーヒーや炭酸飲料、会長様からトマト味のカリントウ等を頂きながら至福の時を過ごしました。

si50.jpg


香美町村岡区の白菅山、今は廃村?に近い小城の八坂神社の上にある林道の前から尾根に取り付き3等三角点・点名小城の山頂を踏んで尾根を白菅山まで進み、下山はP700に下る支尾根を利用して小城まで帰る、10.73km、約5時間強の周回を楽しみました。

途中林道を少し歩きますが、大半はブナを中心とした素晴らしい極楽尾根を満喫できる楽しいコースです、又、林道には沢山のタニウツギの花が咲いて我々を迎えてくれました、集落の廃居では先人達が大切に育てたクリンソウのが往時を忍びながら精いっぱい花を咲かせていました、八坂神社のやさしい顔の狛犬さんも寂しそうに感じた小城探索でした。

小城へは我々が進んだ村岡区和佐父や村岡区山田から行くことができますが細い谷合いの林道を行く為に注意が必要です、蘇武三川林道を利用して小城に向かうのが良いかもしれません、一度調べて見たいと思います、次回は紅葉の時期にNご夫妻、アイちゃんも一緒にフルメンバー歩きたいとと思いますのでよろしくです。

今回のコースはほとんど登山道は歩いていません、迷いやすい尾根もありますので地図とコンパスは必携、自己責任でお出かけ下さい。


香美町村岡区小城について村岡町の観光協会で調べてみましたのでご参考下さい。
posted by 山ちゃん at 18:10| Comment(3) | TrackBack(0) | 兵庫県の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
山ちゃん&皆々さま

昨日の新緑山行、お疲れさまでした。
そしていろんな差し入れ、ごちそうさまでした!(^^)!

びっくりするくらいの秘境…ながらも
どこかノスタルジックな佇まい、
小城地区に関する観光協会情報を見ながら、
今なお息づいている感じがしたのは、納得です。

林道から少し入ると目に鮮やかな新緑ブナ林。
癒されました〜(*^^*)

山だけでなく、山と共存する暮らし…
みたいなものを感じることのできた貴重な体験でした。

それにしても私の運転スキルでは、
踏み込めんなぁ〜あの林道は!(>_<)
Posted by 姫路のH at 2017年05月21日 15:14
山ちゃん&皆さま

若葉の素晴らしいブナ林を歩けて嬉しかったですヽ(^o^)丿
遠い昔、のどかな集落の雰囲気が残る、素敵な春色の林道歩きでした!
今度は秋色?…楽しみにしています!

狭い林道の激登り激下り運転、本当に本当にお疲れさまでしたm(__)m

今日も楽しい山登りができ心から感謝します。
ありがとうございましたm(__)m
Posted by 姫路のI at 2017年05月21日 16:15
H&I嬢へ

楽しい尾根歩き、やっぱりここも京橋でしたね(^^)

秘境小城、すでに廃村かと思っていましたが、観光協会のHPからはそうでもない様です
昭和59年に集団移転したあとは、夏の間は小城に来られて田畑を作られているようです
7月7日は八坂神社のお祭りもあるようです
雰囲気のある山里、いつまでも続くように祈るばかりです。

H嬢 
和佐父〜小城、小城〜山田、どちらも狭い道でしたが、
どちらかと言えば和佐父からの方が運転しやすいように思いましたが・・・
次回に備えて蘇武三川林道からの入山も研究してみます。

I嬢
沢山の手作りスィーツありがとうさん、大変だったのでは?
皆さん大喜びで美味しくいただきました、ご馳走さまでした。
今回も無事周回を楽しむ事が出来て本当に良かったですね
来月も楽しい山歩きを計画しますので、参加宜しくお願いします。

Posted by 山ちゃん at 2017年05月21日 17:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック