2017年03月04日

岡山・伯州山〜4等三角点・点名かつら谷、雪の尾根を周回です!

今日はイワウチワで有名な岡山の伯州山(1044.9m)です、根曲竹に囲まれた山頂はこの時期雪で覆われ何処でも歩く事が出来ます。

2013年2月に伯州山から西に延びる雪原を歩いていますが、今日は恩原三国山方面に続く雪の県境尾根を展望を楽しみながらスノーシュー歩きを満喫したいと思います

本日のコース
周回コースを楽しみます。

P(赤和瀬区最後の民家の前)−(林道)−遊歩道分岐−(新コース)−P1000m−伯州山荘−伯州山−伯州山荘−(県境尾根)−4等三角点・点名カツラ谷−下山分岐−(支尾根)−林道出会−(林道)−P


GPSデータ−

本日のメンバーはオンシュガー会長&Nご夫妻&端人の3ご夫妻、アイちゃん、山ちゃんの8名で雪の伯州山を楽しみます(^^)

中国縦貫道を一路西へ、院庄ICからR179に入り鳥取方面に北上します、人形峠の手前で赤和瀬区に向かって右折するとそこは雪国、赤和瀬神社を左に見て進み集落奥の最後の民家の前(除雪された吞突き)に車を止めさせていただきました。

ha1.jpg


8:55 スノーシューを付けて民家の横からスタートです。

ha2.jpg


天候は申し分なし、深い雪の林道を隊列を組んで進んで行きます。

ha3.jpg


9:17 遊歩道分岐、ここは右に取って夏道(新コース)に入る・・・

ha4.jpg


谷を詰めた所から左の斜面に続く雪に埋もれた夏道を登り詰め、急斜面の支尾根をこなせば・・・

ha5.jpg


10:10 P1000を通過

ha6.jpg


左手には伯州山から西に延びる雪の県境尾根が見えてくると

ha7.jpg


大ブナやミズナラが現れ支尾根が水平になれば

ha8.jpg


10:24 伯州山荘に到着です。

ha9.jpg


山荘から進路を左に取り雪の斜面を一気に登れば・・・

ha10.jpg


10:31 伯州山(1044.9m)到着です、恒例の集合写真で(^^)

ha11.jpg


本日の展望

これから向かう県境尾根とその向こうに恩原三国山方面の展望

ha12.jpg


南方面、花知ヶ山方面

ha13.jpg


北方面、雪の大山を望遠で捉えました。

ha14.bmp


下山前に大山をバックに女性陣だけで「はいチーズ!」

ha15.jpg


伯州山を後に大雪原を一気に下るメンバーの足は軽い軽い(^^)

ha16.jpg


10:42 伯州山荘の裏から

ha17.jpg


県境尾根に入って行きます

ha19.jpg


セッピに注意をしながら最初のピークに足を運ぶ

ha18.jpg


11:06 最初のピーク

ha20.jpg


振り返ると、伯州山が美しい姿を見せていました。

ha21.jpg


南方面に進路を変えた県境尾根の先に待っていたのが

ha22.jpg


東方面に下る激斜面、ここを慎重に下り・・・

ha23.jpg


自然林の巨木を楽しみながら

ha24.jpg


P980 はうまく巻いて

ha25.jpg


県境尾根を進んで行く

ha26.jpg


若いブナ林の尾根を登り詰めた所で

ha27.jpg


楽しいランチタイムだ!(4等三角点の手前の尾根)

ha28.jpg


食事の後に待っていたのは激斜面、あえぎながら登り詰めるとそこは

ha29.jpg


ha30.jpg


12:32 本日の最高点、4等三角点・点名カツラ谷(1087.7m)だ!

ha31.jpg


ここからは西方面に歩いて来た県境尾根と伯州山を見る事ができます・・・

ha32.jpg


点名かつら谷から斜面を一気に下り

ha33.jpg


少し進んだ所から下山に使う支尾根に飛び込んだ!

ha34.jpg


GPSを酷使しながら迷いやすい支尾根をクリアし林道に向かって下っていく・・・

ha35.jpg


現れた激斜面、ここを下れば林道に立つことできます。

ha36.jpg


後は大雪の林道を下るだけです、橋の上は2m以上積もっていました。

ha37.jpg


林道を順調に下れば、赤和瀬の集落が見えてきた!

ha38.jpg


14:13 無事帰ってきました。
お疲れ様でした!

ha39.jpg


その後恒例の反省会です、ひな祭りを感じさせる3色ムース(アイちゃん)、手作りカリントウ(会長さん)、パイナップル・オレンジ(端っ子さん)

ha40.jpg


ha41.jpg


岡山の伯州山、赤和瀬区の最後の民家の前からスタートし林道を進み、遊歩道分岐から新コース(夏道)でP1000mを経由して伯州山へ、下山は県境尾根を恩原三国山方面に進みアップダウンをくり返しながら4等三角点・点名カツラ谷を経由し、その先で支尾根を下る時計回りの約8.8km、5時間強のスノーシューを満喫です。

天候にも恵まれ、伯州山からの展望は申し分なし、無雪期は根曲竹が密集し歩くことができない県境尾根、アップダウンはあるも素晴らしい展望を楽しみながら歩けるスペシャルコースです、機会があれば天候を見ながら是非お出かけ下さい、きっと満足して頂けることでしょう・・・

下山に使用した支尾根は迷いやすい箇所がありますので地図とコンパス、GPS必携でお出かけ下さい、最後に本日ご一緒頂いたメンバーと素晴らし登山日和に感謝します。

posted by 山ちゃん at 17:15| Comment(8) | TrackBack(0) | 中国地方の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めての伯州山でした。

許容範囲のゲキ斜面、予想外の上天気、天空のスノーシュー歩きを満喫させていただきました。

イワウチワの季節も良さそうですね。

ありがとうございました。
Posted by 端人&端っ子 at 2017年03月05日 07:15
山ちゃん、皆さま

天候、雪質、大展望・・とおいしいおやつ付きの楽しい山歩きをありがとうございました。

激斜面の下りにはちょっとビビりましたが、尻セードも楽しめましたね。

GPS必携ですが、とっておきのおススメ周回ルートでした。

ひな祭りに合わせた皆さんのアイデアに感心しました。ありがとうございました。

Posted by オンシュガー at 2017年03月05日 09:30
端人&端っ子さん

伯州山をご案内できて本当に良かったです。
この時期限定のコースで、登山計画の引き出しの中に長い間眠っていたもので、
条件は好天候と大雪でした
おかげさまで素晴らしい展望とブルーとホワイトの世界を満喫できました。
次回は花の季節に訪れたいものです、お付き合いよろしくお願いします。
Posted by 山ちゃん at 2017年03月06日 14:28
オンシュガーさん

2013年に伯州山から西に延びる尾根を歩いてますが、今回は恩原三国山に続く東方面の尾根に挑戦でした
誰ひとり会うことなく我々だけの声(奇声?)が響いた県境尾根、本当に楽しいスノーシューハイクを満喫でした
雪はまだたっぷりあります、今しばらくは雪と戯れたいとおもいますので宜しくお願いします。
Posted by 山ちゃん at 2017年03月06日 14:48
こんばんは。

伯州山のスノーハイキングでしたか。
天候が良く、午前中は眺望もでき
楽しく歩かれた様子が伺えます。
当方、スキーとスノーシューと思い
蒜山辺りに行きましたが、スキーはできましたが
飲みすぎでスノーシューは出来ず。
まだ当分雪遊びが出来そうですね。
Posted by シルベスターU at 2017年03月06日 20:53
シルベスターUさん

ご無沙汰しております、スキーにスノーシューとご活躍のようですね

今回は天候も雪の量も申し分なく、この時期しか歩くことができない藪の尾根、
アップダウンはありますが楽しくあるいてきました
まだまだ雪はたっぷりあります、時間が是非トライしてください
きっと満足されることでしょう
Posted by 山ちゃん at 2017年03月07日 08:53
山ちゃん、皆さま
最高のお天気のもと、伯州山をご案内頂き、有り難うございました。
雪の多さにビックリでした!向かいの恩原高原も気になりました〜また歩きたいですね、大雪原。
ため込んだ筋トレパワーもそろそろ底をついてきそうです。お手柔らかコースを宜しくお願いしまーす。
Posted by アイ at 2017年03月07日 21:57
アイちゃん

雪の白州山からの周回、天候にも恵まれた最高の山歩きでした。
ワオーの声をあげながら、登って下って又登っての県境尾根・・・
大ブナ小ブナをはじめ、普段は人に見られることのない巨木達はびっくりしたことでしょう
機会があれば三国山から下山尾根まで歩きたいものです
強いアイちゃんの後を一生懸命ついていきますのでお付き合いよろしく!
Posted by 山ちゃん at 2017年03月08日 08:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック