2017年02月04日

戸倉峠〜三の丸〜やまめ茶屋、骨のある周回コースに挑戦!

今日はお手軽コースで氷ノ山に向かいましたが、やまめ茶屋の手前にあるそうめん流しの建物の前で山登りを楽しもうのmkさんと出会ったのが運の付き・・・

mkさんはノースウインドさんと戸倉峠から県境尾根を三の丸まで登り、下山は殿下コースの登山口を踏んで尾根を点名十年まで進み、やまめ茶屋まで、時計回りの14kmの周回をされるとの事・・・

ご一緒させて頂く事になりました。

[ここに地図が表示されます]


本日のコース


P(戸倉トンネル手前の除雪地)−(支尾根)−三の丸−殿下コース(登山口)−(支尾根)−やまめ茶屋−P(そうめん流し前の除雪地)

GPSデーター

本日のメンバー
mkさん north wind さん、Nさん、Oさん、Fさん、そしてNご夫妻です

本日はカメラを忘れ携帯での対応です、あまり写真はありませんがホワイトとブルーの美しい世界をご覧ください・・・

三の丸を目指して尾根を進む

DSC_0031.jpg


東山、くらます方面の展望所でちょっと一休みを

DSC_0032.jpg


記憶に残る巨木の台地も素晴らしい!

DSC_0034.jpg


樹氷を楽しみながら抜けると

DSC_0036.jpg


三の丸に続く大雪原が現れた

DSC_0038.jpg


DSC_0039.jpg


振り返ると東山やくらますが・・・

DSC_0045.jpg


三の丸

DSC_0048.jpg


三の丸から見る氷ノ山!

DSC_0047.jpg


ここで恒例の記念写真を(N氏の写真を拝借しました)

IMG_6084.jpg


そのあと避難小屋で楽しいランチタイム、風もなく温かかったです(^^)

DSC_0051.jpg


大雪原の中を下り殿下コース登山口へ向かう

DSC_0053 (2).jpg


ご満悦のN氏です、雪原がよくお似合いです

DSC_0054.jpg


天候に恵まれた氷ノ山・三の丸の大雪原を満喫しました、距離14kmの素晴らしい尾根コースの大周回でした、mkさん、north wind さんそしてご一緒頂きました皆さん、ありがとうございました。

機会があれば又のご一緒お願いします


posted by 山ちゃん at 22:15| Comment(16) | TrackBack(0) | 兵庫県の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ですよね、日中は快晴だったんですよね(笑)

全開の雪山歩き・おめでとうございます!!!
Posted by 山ボーイ at 2017年02月05日 05:09
山ボーイさん

2年振りの氷ノ山、お手軽コースのつもりが大雪原と骨のある尾根歩きを楽しんできました。
やっぱり雪の山は最高でした!

Posted by 山ちゃん at 2017年02月05日 08:26
山ちゃん

天気は最高ながら肝心の体調がお互い今一つでしたが、何とか脱落することなくmkさんの快足についていけてやれやれです。 六年前最初に大雪原を登ったときはただただ圧倒されて頭の中まで真っ白になりました。 今では三ノ丸から見渡す山々もある程度馴染みが出来て其々に楽しかったり苦い思い出も刻み込まれています。
すれ違いも含め山での出会いはこれまで何回かありましたが、今回丸一日を通し歩かせていただいたことは一生忘れられない体験となるでしょう。ありがとうございました。そしてご迷惑をおかけしてすみません。
Posted by north wind at 2017年02月05日 10:11
山ちゃんおはようございます。昨日は無理を言いましたが好天と絶景に免じご容赦ください。今日は昨日の下り後半の湿雪が私を苦しめています。次回はka-miもう少し楽なところでご一緒させてください。
Posted by mk at 2017年02月05日 10:25
やはり氷ノ山でしたか!
ひょっとしてどなたか山頂で会えるかなと思ってましたが、ちょっと残念。
素晴らしい天気でしたネ
Posted by ユウ at 2017年02月05日 16:03
north windさん

お疲れ様でした
同じ病み上がりでも氷ノ山往復されるその馬力に敬服してます
御同行の皆さまも流石但馬の方、その強兵振りに改めて!でした。
ま〜何とか最後まで歩く事ができて本当に良かったです
又の機会を楽しみにしています(^^)
Posted by 山ちゃん at 2017年02月05日 18:45
mkさん

素晴らしいコースを御案内いただきましてありがとうございました。
骨のある14kmの周回コース、何とかクリアできて良かったです。
しかし、mkさんの腱脚にはびっくり、やっぱり宍粟の文太郎でした(^^)
Posted by 山ちゃん at 2017年02月05日 18:50
ユウさん

素晴らしい天候に恵まれた氷ノ山をお互いに楽しんだようですね
mkさん達に出会って急遽コースを変更した次第です
今度は一緒に同じ景色を眺めましょう、宜しくです
Posted by 山ちゃん at 2017年02月05日 18:54
山ちゃん
カジヤンです。
新戸倉トンネルの前でお声を掛けさせていただきました。
私にはとてもこの時期に三の丸まで行く体力はありません。
ましてやヤマメ茶屋までとは恐れ入ります。
私は予定通り赤谷山のピークを独り占めしながら三の丸方面を指をくわえてみていました。
Posted by カジヤン at 2017年02月05日 21:33
カジヤンさん

やっぱりそうだったんですね
ブルーのジムニーを見てNご夫妻と噂をしてました、
私もひっしになって歩いてきましたが、そのご褒美は大雪原と樹氷、大展望・・・
素晴らしいコースでした。
又、何処かの尾根でお会いできますように(^^)
Posted by 山ちゃん at 2017年02月05日 21:55
おはようございます。絶景の氷ノ山三ノ丸
今季の雪山を堪能した気分です。
皆さんの「大荷物」になることなく歩くことができました。去年 赤谷山の帰りに ひたすら林道を歩き、県境目印の倒木の辺りで「いつか行きたいね」と話した事が実現し 嬉しかったです。
ありがとうございました。
Posted by raspberry at 2017年02月06日 08:18
山ちゃん N&nさん

快晴の大雪原がまぶしいくらいです。
最高のお天気で良かったですね。

でも14qはたいへん。私たちはついて行けなかったことでしょう。

大明神さまのパワーを次回にもとっておいてくださいませ。

Posted by オンシュガー at 2017年02月06日 11:01
Raspberryさん

ブルーとホワイトのコントラスト、大雪原と綺麗に咲いた樹氷の花、
まさに雪の山の真骨頂を楽しむことができました。
辛くても、この景色があるから辛抱して歩く事ができますね
機会があれば又ご一緒させてください、お世話になりありがとうございました。

Posted by 山ちゃん at 2017年02月06日 13:55
オンシュガーさん

これ以上は無いと言うほど晴天に恵まれて氷ノ山・三の丸を思い切り満喫してきました
全長14km、強者を追って頑張りました
昨日からちょっとお疲れモードです。

Posted by 山ちゃん at 2017年02月06日 14:10
カジヤンさん

今晩は。 山ちゃんの管理されているこの場を借りて挨拶させていただきます。 
2011年2月19日、初めて県境尾根を三ノ丸、そして氷ノ山山頂までピストンしました。昼も過ぎてどこまで行って引き返そうかと思案していた時、雪原下の樹林帯を駆け下りてきたカジヤンさんにお会いしました。お名前はtqfさんのレポで教えていただきました。
当時、スノーシュー自体殆ど経験もなく、こんな雪山で誰かと会うこと自体驚きでしたが、下りは三室を目指すようにと、ご親切にアドバイスしていただいたのを今でもはっきりと覚えております。  
それ以降、大雪原と巨木に魅せられて毎年のように戸倉から歩いております。 さして体力があるわけでもなく技術も未熟者そのものです。 ガスに巻かれもう少しで遭難という経験も一度ならずしておりますが、冬になると今年も行ってみたいという気持ちが湧き上がってくるのを抑えることが出来ません。
今回の三ノ丸>氷ノ山は半ば暴走気味で、下りでは山ちゃんと同じくほぼ死んでました。
山ちゃん、mk/kokoさん、oapさんはじめ大先輩の後追いばかりですが、一冬数回の楽しみが今の自分にとって活力の源泉かも知れません。何処かの山でひょこっとお会いしてもお互い気付かないかもわかりませんが、今後ともよろしくお願いいたします。
<トンネル脇でどちらに上がられるのかとお尋ねした村岡の者です> 
Posted by north wind at 2017年02月06日 19:13
山ちゃん。ちょっとこの場をお借りします。
確かに2011年2月19日は三の丸に登っていました。
申し訳ございません。何方にお会いしたか記憶にございません。
今回は三の丸に登られると伺って、トレースをお借りすれば楽に登られるのでは?と誘惑を感じましたが家族に出した計画通りの赤谷山に登りました。
赤谷山から見た三の丸は青い空・キラメク霧氷。行きたかったー。
当方モンベルのグレーのキャップとグリーンソフトシェルで宍粟の山をうろうろしています。見かけたら、お気軽にお声をかけてください。又どこかの山でお会いできるのを楽しみにしております。
Posted by カジヤン at 2017年02月11日 21:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446664341

この記事へのトラックバック