2017年01月07日

西脇の矢筈山(三等三角点、点名矢筈山363m)

今年最初の週末登山です、期待している雪は降りそうにありません、氷ノ山には雪があるそうですが中途半端で歩きにくいとの事です。

そんな訳で今日は山仲間のユウさんやせきやんが先日歩かれた西脇の矢筈山(3等三角点363m)に登ってきました。

[ここに地図が表示されます]


本日のコース

P(市原森林公園)−市原峠−市原登山口−矢筈山北峰(3等三角点)−矢筈山本峰−鉄塔−一本松峠−東屋−下山分岐−八坂山(4等三角点・点名平野)−下山分岐−P268(野村)−鉄塔−野村登山口−Pみぎわ橋バス停の空地

GPSデータ−

神河町からR8で高坂峠を越え加美区へ、寺内の交差点を右折しR427を西脇市まで進み、春日橋東詰を直進しR346に入る、野村西の交差点を右折R34を進み、みぎわ橋手前にあるバス停の空地に車をデポします、返してR346を北上し小坂町でR144に入り、市原大橋西詰(道の左手に電車があります)を左折しそのまま進めば市原森林公園の駐車場につきます、ここから今日はスタートします。

ya1.jpg


本日のメンバーはオンシュガー副会長、Nご夫妻の4名です。

8:00 駐車場をスタートしました。

ya2.jpg


少し戻った所で堰堤に登り獣除扉を開けて

ya3.jpg


左岸を少し進んだ所から尾根に続く登山道に取り付きました。

ya4.jpg


すぐに支尾根の登山道に出会います、綺麗に整備された登山道を順調にこなせば

ya5.jpg


8:22 市原峠着、扉を開けて林道を少し進むと・・・

ya6.jpg


8:24 矢筈山市原登山口があります、ここから尾根に取り付くと待っていたのは綺麗に整備された登山道、一旦下がって登り詰めると

ya7.jpg


そこがP306だ!

ya8.jpg


もう一度下って登り詰めると丸太のベンチがあるピーク、左眼下に西脇の市街が・・・
カメラ置きがありますのでここで集合写真を・・・「はい、チーズ」(^^)

ya9.jpg


尾根道には「矢筈山の縦走路」の案内板もありますので迷うような所はありません

ya10.jpg


矢筈山への最後の登りは本日1番の急斜面だ!

ya11.jpg


登り切り、振り返ると山南の妙見山や篠ヶ峰方面の山並を見る事ができました。

ya12.jpg


行く手にこれから向かう矢筈山が姿を見せるがやっぱり下って登れば・・・

ya13.jpg


10:16 矢筈山北峰到着(3等三角点363m)

ya14.jpg


白山方面の展望を楽しみながら山座同定を楽しむ・・・

ya15.jpg


10:27 矢筈山本峰、立派な神社と東屋があります。

ya16.jpg


西脇市街を眼下に見ながらまたまた山座同定を・・・

ya17.jpg


又下って登れば尾根の鉄塔通過は 10:51

ya18.jpg


シダの中を進みまたもや下って・・・

ya19.jpg


登り切ると丸太のベンチがあり、ここで楽しいランチタイムを、「めし〜」の掛け声はもちろん副会長です

ya20.jpg


11:36 一本松峠

ya21.jpg


11:53 P298通過

ya22.jpg


これから向かう東屋が見える、ここに行くにはまたもや下って登らないと・・・

ya23.jpg


12:02 大池方面に下る登山道を過ぎると

ya24.jpg


12:09 東屋

ya25.jpg


ここからは大池方面の素晴らしい展望を楽しむ事ができます・・・

ya26.jpg


東屋から三つめのピークが八坂山(4等三角点・点名平野)

ya27.jpg


当初はここから破線の道を八坂区に下るつもりでしたが、キツイシダ藪で下山は取り止めて

ya28.jpg


下山分岐まで引き返し・・・

ya29.jpg


13:01 下って登ればP268(野村)

ya30.jpg


そして鉄塔に出会う

ya31.jpg


鉄塔からは綺麗に整備された巡視路を下ります・・・

ya32.jpg


途中から急斜面に入るとお馴染の黒プラスチックの階段も・・・

ya33.jpg


13:19 矢筈山野村登山口

ya34.jpg


西方面に歩道を歩けば

ya35.jpg


13:26 7分でデポした車に到着です!
お疲れ様でした!


ya36.jpg


西脇市の矢筈山、市原森林公園から支尾根に取り付き市原峠まで進み、登山口からアップダウンをくり返しながら矢筈山北峰、矢筈山本峰を踏んで下山は一本松峠を経由して八坂山まで、下山はP268(野村)をふんで矢筈山野村登山口まで進む、約8.7km、天候にも恵まれて5時間半弱の縦走を楽しみました。

今回歩いた矢筈山は低山ながらアップダウンをくり返しながら歩く骨のある縦走コースですが、綺麗に整備された登山道と展望は申し分なしのお薦めコースです、北の山が荒れた時には是非お出かけ下さい、きっと満足していただけることでしょう、最後にご一緒頂きましたメンバーの皆さんと素晴らしい登山日和に感謝いたします。




posted by 山ちゃん at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 兵庫県の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック