2016年06月18日

兵庫100名山・段ヶ峰(杉谷コース)〜フトウヶ峰〜杉山周回!

梅雨の晴れ間の週末です、先週は京都まで遠征しましたので今週は身近な山にと・・・

選んだ山は兵庫100名山・段ヶ峰(1103m)です、今日は端人&端っ子さんを杉谷コースをご案内することにしました。

[ここに地図が表示されます]


本日のコース

杉谷登山口−(沢コース)−尾根コース出会い−フトウヶ峰分岐−フトウヶ峰−インデアン岩(4等三角点・点名倉谷1071.63m)−フトウヶ峰(1082m)−フトウヶ峰分岐−段ヶ峰(1103m)−杉谷分岐−笠杉山分岐−杉山(1088m)−笠杉分岐−杉谷分岐−フトウヶ峰分岐−(林間コース)−杉谷登山口

GPSデーター



R312を生野町に入り生野の信号を左折、トンネルを抜け生野高原カントリー倶楽部方面へ進み千町峠に向かう林道を駆け上がりふと谷川に掛かる倉谷橋の林道の空地に車を止めます、ここが杉谷登山口です。

su1.jpg


本日のメンバーはお馴染の3ご夫妻(オンシュガー&N&端人)です。

8:44 杉谷登山口をスタートです。

su2.jpg


登りはふと谷川を詰める沢コースを選びました。

su3.jpg


苔むした大岩を踏みながら沢を詰めると立派な滝が、ここは右を巻いて進むのが正解だ!

su4.jpg


雰囲気のある自然林の中を進み

su5.jpg


枯れた沢を詰めて急坂を登り詰めると

su6.jpg


9:26 尾根コースに出会います。

su7.jpg


グリーンのシャワーを浴びながら尾根道を登り

su8.jpg


左手に段ヶ峰の山頂を見ると笹の台地だ!

su9.jpg


10:11 フトウヶ峰分岐、ここを右に取れば

su10.jpg


10:13 フトウヶ峰到着です、草原を吹く風が肌を冷やしとても気持ちがいい(^^)

su11.jpg


360度の展望です、笠形山方面を捉えました。

su12.jpg


達磨ヶ峰の方へ少し進むと

su14.jpg


登山道横にインデアン岩だ、4等三角点・点名倉谷(1071.63m)が岩に隠れてひっそりあります。

su15.jpg


インデアン岩から少し北に入った所にある展望岩の上で景色を楽しんだ後は段ヶ峰に向かいます。

su16.jpg


10:32 フトウヶ峰分岐を右に取って

su17.jpg


草原の中を進む・・・

su18.jpg


正面に平石山を見ながら進めば・・・

su19.jpg


段ヶ峰の山頂が近くなる、そして山頂には今日のゲストの姿が・・・

su20.jpg


11:05 段ヶ峰到着です、迎えて頂いたのは山登りを楽しもうのmkさんです。
昨日、我々が段ヶ峰に行くことをmkさんにお伝えした所、山頂で合流しましょうと約束していたのです。(^^)


su21.jpg


mkさんもご一緒に記念写真です「はいチーズ」

su22.jpg


段ヶ峰の山頂は日蔭は有りませんが吹き渡る風が涼しく楽しいランチタイムになりました。

su23.jpg


11:47 杉山に向かって周回をスタートします、mkさんも杉山までご一緒です(^^)

su24.jpg


2等三角点・点名段ヶ峰(1103.43m)から杉山に向かう登山道があります。

su25.jpg


12:13 鞍部まで下り急斜面を登り切ると笠杉山分岐、ここを左に取れば・・・

su26.jpg


12:17 杉山到着です

su27.jpg


対面には今まで居た段ヶ峰の山姿があります。

su28.jpg


目の前に盆栽の様なアセビも・・・

su29.jpg


そしてここでも集合写真です(^^)

su30.jpg


次回はkokoさんもご一緒を約束し杉山でmkさんとお別れです・・・

su31.jpg


12:58 来た道を引き返し、あっと言うまに杉山分岐まで帰ってきました。

su33.jpg


さ〜フトウヶ峰に向かって帰りましょう!

su34.jpg


草原から一旦自然林の中に進み

su35.jpg


13:38 軽い坂を登ればフトウヶ峰分岐通過

su36.jpg


後は杉谷に向かって下るだけです

su34.jpg


13:51 沢コース分岐(登りに使ったコース)

su38.jpg


Nご夫妻が綺麗に整備されたアセビの中に続く林間コースは本当に歩きやすい「ありあがとう〜」(^^)

su39.jpg


登山道に大岩を見見ると

su40.jpg


すぐに沢コースと出会います。

su41.jpg


14:23 無事登山口に帰ってきました。
お疲れ様でした!

su42.jpg


そして恒例の反省会です、カステラやお菓子、そしてアイスコーヒーで乾杯!

su43.jpg


兵庫100名山・段ヶ峰、杉谷コース(沢コース)で登りフトウヶ峰へ、インデアン岩を確認した後は段ヶ峰まで進み、下山は杉山を経由して杉谷(林間コース)に帰る、9.9km、5時間40分の山歩きを楽しみました。

無名の滝や苔むした大岩を楽しんだ沢コース、緑のシャワーを浴びながら進んだ尾根と整備されたアセビの尾根コース、そしていつでも裏切る事の無い草原歩きを楽しめる素晴らしい段ヶ峰を本日も満喫です。

初めての端人&端っ子さん満足頂けましたか?そして山頂で合流したmkさん、楽しい時間をありがとうございました、次回はKOKOさんもご一緒によろしくです、最後に素晴らしい仲間と登山日和に感謝しましょう〜
posted by 山ちゃん at 20:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 兵庫県の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご案内頂いた山ちゃん&Nご夫婦、ありがとうございました。

杉谷コースから歩くのは初めてでした。
滝を見ながらの沢コースも良かったです。

山頂でお会いしたmkさん、お久しぶりでした。

こなすびさんとなかやんの奉仕作業で登山道はアセビが刈られてとても歩きやすかったです。
ありがとうございました。

段ケ峰はいつ来ても展望の草原歩きが楽しめて気持ちがイイですね。
天気が良かったので両腕は日焼けで真っ赤になりました。

またよろしくお願いいたします。
Posted by 端人&端っ子 at 2016年06月18日 21:21
山ちゃん、今日はお誘いありがとうございました。楽しい山行となりました。ところで何というタイミングでしょう。午後6時半のよみうりTVで藻塩の製造と料理活用をやっていました。塩むすび、刺身たれ、冷麺などなど、さっそく明日からやってみようと思います。
山ちゃんメンバーの皆さん、今日はありがとうございました。久しぶりにたいへん楽しい山行ができました。mk
Posted by mk at 2016年06月18日 21:25
端人&端っ子さん

初めての杉谷コース、満足していただいたようで良かったです。

沢コースはこれからの暑い時は涼しくていいかもしれません
N御夫妻がアセビを整備された尾根コースは本当に歩きやすかったですね
多くの登山者の皆さんが感謝される事でしょう
段ヶ峰は1000m強の山ですが、いつでも高原歩きを満喫できる素晴らしい山です
次はススキの季節、そしてスノーシュー遊びにも興じましょう
お付き合い宜しくです。

Posted by 山ちゃん at 2016年06月19日 12:10
mkさん

お正月に段ヶ峰でお出会いしてから早くも半年が経過しました。
我々も久しぶりの段ヶ峰でしたのでお声をかけさせていただきました
短い時間でしたが楽しく御一緒させていただきまして感謝しています

藻塩についてTVでやってましたか?
プレミアムは平釜製法塩の高級藻塩です、塩むすびをはじめ色々なお料理に
御使用ください、きっと満足頂けると思います
又、御意見を頂ければ幸いです{すぐに仕事モードに入る悪い癖(^^)}

それでは次回、kokoさんも御一緒に合流しましょう

Posted by 山ちゃん at 2016年06月19日 12:14
山ちゃんこんにちは
ご無沙汰しております。
コメント頂いてたのに、中々返せなくてすみませんでした。
梅雨本番。。。であるにもかかわらず毎週土曜日は良いお天気で、楽しそうなメンバーでの山行!羨ましい限りです。
梅雨が明ければ夏山シーズン突入ですね♪
計画は立ててはおるのですが、さてさてお天気がどうなる事やら?
一番の心配の種です。
昨年のリベンジも残してますし・・・
山ちゃんは今年はどちらへ??
あ。それと
「銀竜草」見つけ方のポイントってありますか?^^;見てみたいのですが・・・なかなか出会えません。

Posted by ぷりある at 2016年06月22日 10:10
ぷりあるさん

ご無沙汰しています。
嫌な梅雨の時期ですがなんとか週末登山を継続しています。
楽しみな夏山シーズンですが行きたい山が沢山あり、
鹿島槍ヶ岳もリベンジしたいし決めるのが大変です。

銀竜草ですが日が射さない少し湿った所、たとえば杉林等で見る機会が多いと思いますが・・・

金剛山では千早本道8合目〜9合目に良く咲いてるとネットに乗っていましたよ(^^)
一度お出かけ下さい
Posted by 山ちゃん at 2016年06月24日 18:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/439141350

この記事へのトラックバック