2016年03月27日

高畑通古墳群の見学会

我区には高畑通古墳群と呼ばれる古墳があります、このたび京都府立大学の教授や生徒達がこの古墳を調査されましたが、この結果について見学会があり行ってきました。

集落センターにて神河町教育委員会の方が受付です。

ko1.jpg


教育長さん、京都府大の菱田教授、井上助教授?から古墳についてのお話がありました

ko2.jpg


井上さんは隣の柏尾区の出身とのことであり親近感がありました。

ko3.jpg

まずは本日の資料をちょっと目を通して頂ければ

ko20.jpg ko21.jpg ko22.jpg ko25.jpg


高畑通古墳群は桜の山、桜華園の入口から少し入った所にある笠森神社の裏からその周辺にあり、場所をそこに移して説明会の始まりです。

まずは高畑通古墳群の看板を・・・

ko4.jpg


笠森稲荷神社の裏にある1号墳

ko5.jpg


その北側の2号墳

ko6.jpg


生徒さん達の説明が始まりました。

高畑通古墳は1400年前古墳時代後期、聖徳太子が活躍されていた当時に作られたもので、この時代からこの地域は栄えていたとの事でした。

東柏尾区は市川の流域にあり昔から重要な位置であったと言われています、大嶽山の柏尾城も播磨と但馬の境の要所として赤松氏が建立した事、又、我区の上組の事を市場とよんでいますが、その昔この地域に沢山の人や物が集まり市場として発展したもので、豊臣秀吉がこの市場を支配する為に立て札を立てたことで重要な場所で会ったことを示しているそうです。

ko7.jpg


次は石室の説明です、横穴式石室がこれほど綺麗に残っているのは希少価値があるそうです。

ko9.jpg


真剣に聞いています。

ko10.jpg


裏手に廻っての説明です

ここでは古墳の形や大きさを測る測量調査の意義等を説明されました。

ko11.jpg


我区の歴史をしっかり頭に入れました。

ko12.jpg


横穴式石室の入口

ko13.jpg


石室の内部はこんな感じです、幼少の頃にはこの穴に入って良く遊んだものです。

ko14.jpg


その後各人古墳を探索

2号墳

ko15.jpg


2号墳から見た1号墳

ko16.jpg


女子学生から話を聞く女性区民

ko17.jpg


菱田教授とお話する男性区民

ko18.jpg


約1時間強の説明会が終わり神社を後にする参加者の皆さんです

ko19.jpg


故郷・東柏尾区の歴史を学ぶ機会はめったにありません、教育委員会の皆様、古墳群を調査し我々に色々教えて頂いた京都府大の菱田教条をはじ学生の皆様に感謝した1日になりました。
posted by 山ちゃん at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 番外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック