2016年02月06日

生野の山・古城山〜釜床山〜鷲原寺へ縦走です。

早くも如月・2月に入りましたがやっぱり雪不足です、中途半端な雪道は面白くないので今週は歴史を感じながら生野の山・古城山〜釜床山〜鷲原寺まで歩いてきました。

[ここに地図が表示されます]


本日のコース

P(びわの丸健康公園)−古城山(609m)−太盛山605.5m(4等三角点・点名古城山)−内山寺跡ー(石仏古道)−主尾根出会−NO28鉄塔ー釜床山(648m)−(石仏古道出会)−下山分岐−(クヌギの原生林)−鷲原寺ーP

GPS軌道

ko.bmp

R312を和田山方面に向かい、生野の町を過ぎ峠を下った所にある「たいこ弁当」が本日の待ち合わせ場所だ、今日のメンバーはいつものオンシュガー&N&端人の3ご夫妻です、朝来市岩津区の観音川沿いにある鷲原寺奥の空地に車を2台デポし、返して2台の車に乗り合わせ生野町口銀谷の「びわの丸健康公園」の駐車場に車を止めさせていただきました。

今日はここからスタートです(^^)

ko1.jpg


8:11 公園の階段を登って古城山(生野城跡)に向かいます。

ko2.jpg


公園の上部にある生野城登り口の標識から登山道に入っていきます。

ko3.jpg


九十九折れの整備された登山道を登れば中腹の展望地に到着、ここでちょっと一休み(^^)

ko4.jpg


9:00 古城山到着(生野城跡)、高畑山〜白岩山、生野市街、平石山〜高星山方面 天狗岩も見える大展望がありました。

ko5.jpg


高畑山の姿が素晴らしい・・・

ko6.jpg


9:11 城跡の奥から伸る踏跡のある尾根に乗って縦走スタートです。

ko7.jpg


自然林を過ぎると採石場の上に出ます

ko8.jpg


尾根のすぐ右下まで削られた痩せ尾根を慎重に進むメンバーさん「お気をつけて・・・」

ko9.jpg


9;38 太盛山(4等三角点・点名古城山)に到着です。

ko10.jpg


太盛山から少し戻り釜床山方面に延びる自然林の尾根は雰囲気があってこれまた良い感じ!

ko11.jpg


途中で尾根を離れ植林の中を下り歴史を感じる場所を皆さんにご案内することに・・・

ko12.jpg


石仏に出会うと・・・

ko13.jpg


10:40 内山寺跡に到着です。

ko14.jpg


跡地から立派なお寺であった事は十分伺えます、歴史を感じながら石碑の前で「はい、チーズ」(^^)

ko15.jpg


内山寺跡から本日の最終地にある鷲原寺まで石仏古道と呼ばれる山道が続いていますが、まずは釜床山手前まで歩く事になります。

10:49 スタート地点にある4体の石仏様にご挨拶をして石仏古道に入って行きました。

ko16.jpg


古道に現れる石仏様のやさしい顔を眺めながら

044.jpg


荒れた古道を進む!

ko17.jpg


植林から自然林の道へ入り山腹を巻きながら進むと釜床山手前の鞍部に着きました。

ko18.jpg


ここで石仏古道から一旦離れ尾根を釜床山方面に向かって進む、途中から尾根を離れ黒プラスチックの階段で関電の巡視路に入って行く・・・

ko19.jpg


11:32 NO28鉄塔到着

ko20.jpg


ここで会長様から「めし〜」のお言葉があり楽しいランチタイムです(^^)

ko21.jpg


12:05 北東方面には銀山湖、東方面遠くに千ヶ峰、南方面には高畑山や白岩山等山座同定を楽しんだ後は主尾根に向かって急斜面に取り付きます・・・

ko22.jpg


12:11 約6分で無事主尾根に乗ります。

ko23.jpg


12:21 ちょっとキツイ坂を登りきると雪の残る釜床山に到着です

ko24.jpg


釜床山から激斜面を一気に下り鞍部で再度石仏古道に再度出会います。

ko27.jpg


大ワオーの声をあげながら尾根を巻くように自然林の中を進んで行く・・・

ko28.jpg


古道の左下にもこんな素晴らしい自然林もあります・・・

ko29.jpg


鞍部から尾根を登り詰め大ケヤキの木を見るとおにぎり山手前のピークです。

ko30.jpg


左手に釜床山を見てピークから右下に支尾根を下れば・・・

ko31.jpg


お待ちかねのケヤキの群生だ!

ko32.jpg


端っ子さんもご機嫌です(^^)

ko33.jpg


谷筋に延びる地形図上の破線に向かわず支尾根を一気に下れば・・・

ko34.jpg


小さな池がありここから荒れた谷筋沿いを下ると

081.jpg


観音川に出会いますので左岸を橋に向かって少し遡上し

ko36.jpg


深いセメントの水路も苦労して渡り

ko37.jpg


最後の石仏様にご挨拶し

ko38.jpg


13:45 橋を渡れば鷲原寺だ!

ko39.jpg


13:49 鷲原寺奥の空地に無事到着
お疲れ様でした!

ko40.jpg


登山口であるびわの丸健康公園まで帰り恒例の反省会です、レギュラーコーヒーにふんわりカステラとしっとりバームクーヘンです、今日も美味しく頂きました。

ko42.jpg


天候に恵まれた生野の山、7年振りに古城山から鷲原寺まで8.5km、約6時間40分の山歩きを楽しみました。

展望がある生野城址、尾根の手前まで削り取られた採石場、歴史を感じた内山寺跡の境内、石仏に頭を下げながら歩いた石仏古道、展望の良いNO28鉄塔、歓声をあげたクヌギ林等、予想以上の素晴らしいコースに大満足した1日でした。

楽しく歩ける縦走コースですが温かくなると山ヒルの出現もあり、この時期お薦めのコースです、迷いやすい尾根もありますので地図とコンパス必携でぜひお出かけ下さい、きっと満足して頂けることでしょう、最後になりましたが素晴らしい山仲間と登山日和に感謝いたします。
posted by 山ちゃん at 19:56| Comment(5) | TrackBack(0) | 兵庫県の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
廃仏毀釈の影響なんでしょうね。
首の無い石仏を見るにつけ残念に思います。

良い山をご案内いただきありがとうございました。
胸のすくような極楽尾根でした。
山ちゃんとN夫妻に大感謝です。

またよろしくお願いいたします。

Posted by 端人&端っ子 at 2016年02月07日 16:05

山ちゃん & 皆さま

古城あり、古寺あり、極楽尾根あり、美林あり、そしておいしいお駄賃あり、笑いあり、イジメありの素晴らしい山歩きをありがとうございました。
Nさんの詳しい解説で寺や銀山の歴史にも触れることができました。

近場でも素晴らしいところがあるのですね。芽吹きの季節にも再挑戦したいです。


Posted by オンシュガー at 2016年02月07日 16:33
オンシュガーさん  端人&端っ子さん

中途半端な雪山の笹藪よりもと思い選んだコース
歴史を感じながら楽しく歩く事ができて本当に良かったです
あまり歩かれていない登山道でしたが荒れていなかったように思いました
もっと多くの人に歩いてほしいコースだと思いますがいかがでしょう

端人&端っ子さん

首の無い石仏はやっぱり廃仏毀釈のなごりですかね〜
私もそんな事を考えながら歩いていました。
生野から鷲原寺まであの距離を、おにぎりと水を入れた竹筒持参で、
わらじをはいて歩いておられる姿を想像するだけで、
歴史を感じながらなぜかやさしさを感じるのは私だけですかね〜

オンシュガーさん

古城、古寺、廃村等、そこで生活されていた先人達の生活を感じながら哀愁を感じますね
山ヒルが出る前にもう一度、アイちゃんやH&I嬢も一緒に歩きましょうか?
これからもそんな場所を探しながら歩いてみたいものです。

昨日は会長さま参加で我々は手も足も出ませんわ
会長様がご不在の時に御覚悟を(^^)


Posted by 山ちゃん at 2016年02月07日 17:42
山ちゃん 

歴史と自然林のコラボした素晴らしいコースのようですね
廃寺に石仏古道と聞くだけでもうれしくなります。
縦走コースなので山仲間と一緒に行ってきます。

先日の平石山〜高星もまだ行けてません、行きたい山が沢山あって大変です。
Posted by 社のTK at 2016年02月09日 09:14
社のTKさん

自然林と展望と歴史と3拍子揃った楽しいコースです
山ヒルが多くいますので、寒いこの時期にお薦めのコースです
多くの人が歩いて頂ければありがたいと思います。

平石山と合わせて計画してください
Posted by 山ちゃん at 2016年02月10日 16:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック