2015年07月25日

燕岳

夏山第2弾は北アルプスの燕岳(2763m)です。

燕岳−ウィキペディアより

常念山脈に属し、北アルプス三大急登の一つである合戦尾根を登り切った稜線上にある。1934年(昭和9年)12月4日に中部山岳国立公園に指定され、山頂付近は特別保護区域、その周辺は特別地区に指定されている[5]。中房温泉が登山口であり、大天井岳を経て槍ヶ岳へ向かう表銀座コースの始点でもある。花崗岩でできた独特の山体を持ち、高山植物の女王と言われるコマクサの群生がある。周辺のハイマツ帯には、ライチョウが生息している。

山名は、春の雪形がツバメに似ているためつけられた。1915年(大正4年)の長谷川如是閑の『日本アルプス縦走記』で燕岳が記され、この10年前からの期間内で命名されたとする説がある[6]。

周辺地図


[ここに地図が表示されます]


本日のコース ピストンになりました。

登山者用P−中房温泉−第一ベンチ−第二ベンチ−第三ベンチ−富士見ベンチ−合戦小屋(2370m)−合戦山(2489m)−燕山荘(2712m)−燕岳(2763)

GPS軌道

tu.bmp

7月24日松本市内のホテルを早朝に出発、中房温泉手前の燕岳登山者用の駐車場に車を止める、雨が少し降っているのでカッパ着用で出かけました。

6:22 中房温泉の登山口、すでに多くの登山者の姿があり準備をしている、雨も上がりここでカッパを脱ぐ!

tu46.jpg


6:38 出発!

tu1.jpg


すぐに登山道は急斜面に変化していく、ここは名高い合戦尾根だもんね(^^)

tu2.jpg


7:15 第1ベンチ 

tu3.jpg


7:51 第2ベンチ

tu4.jpg


8:28 第3ベンチ

tu5.jpg


9:16 富士見ベンチ

tu6.jpg


9:58 合戦小屋着(2370m)、先週(白山)と同じポカリを頻繁に飲みながらゆっくり登ってきた、頭にかすかな痛みは有るがスイカを食べながら休んでいると何処かに飛んで行った。(^^)

tu7.jpg


東京から来られた二人のお嬢さん、第2ベンチを過ぎる辺りから抜きつ抜かれつで・・・
スイカを持ってこんなパフォーマンスを見せてくれました。

tu8.jpg


10:49 合戦山(2489m)三角点有ります。

tu9.jpg


ダケカンバの中に続く登山道が水平道に変化した時・・・

tu10.jpg


ガスが薄れ、左手に大天井岳が姿を現した!

tu11.jpg


ガスの中に燕山荘も見え始める。

tu12.jpg


11:59 最後の急斜面登り切り燕山荘の裏に着いた、後で解った事ですが、テント場の方に登って行く登山道が正規の道でもう少し少し緩やかな道になります。(GPS軌道を確認下さい)

tu14.jpg


裏手から見る大天井岳に続く表銀座の尾根です、残念ながら槍ヶ岳の姿は・・・

027.jpg


燕山荘の向こうに燕岳が見えている・・・

tu13.jpg


小屋の前から見るお馴染のアングルにまさに大ワオーの歓声を・・・

tu15.jpg


今日は燕岳には登らず表銀座を大天井岳まで歩き、大天井ヒュッテもしくは大天荘に宿泊し、明朝引き返して燕岳山頂を目指す予定にしてたのですが、この素晴らしい山姿を見ているとどうしても行きたくなってきた!

コーヒーとケーキを頂きながら「さ〜どうする、ここが思案のしどころだ!」

tu16.jpg


明日の天候は晴れの予想だが、もしもの事で燕岳に登ることがでいなかったらと悩む・・・

12:35 燕岳の魅力に負けて山頂に向かうことに

tu20.jpg


イルカ岩通過

tu21.jpg


振り返ると燕山荘と大天井岳の姿が・・・

tu22.jpg


左手に見える尾根は三俣蓮華岳〜野口五郎岳に続く尾根か?

tu23.jpg


山頂が近付いてくる!

tu24.jpg


お馴染のメガネ岩を見ながら進めば・・・

tu25.jpg


東京から来た二人が後をトレランのようにして追ってきた(^^)

tu26.jpg


13:13 憧れの燕岳山頂は広くなく3〜4人で一杯になります、3人で記念写真を撮りました。
ハイテンションのお二人に元気を一杯頂きました、高山病も彼女達が何処かに連れていってくれたようです!

tu27.jpg


13:29 メガネ岩

tu29.jpg


大岩の向こうには飛騨山脈

tu30.jpg


燕山荘のバックに大天井岳、残念ながら常念や槍の姿は・・・

tu31.jpg


高山植物の女王、コマクサも一杯咲いて皆さんデジ亀状態です

tu19.jpg


13:56 燕山荘前でちょっと気取ってみました。

tu17.jpg


宿泊手続きに入りましたが先週の台風の影響で今日は満員状態のようです、もしかして畳に2人?
すし詰状態はちょっと苦手の為下山を決める、東京の彼女達は明日は常念まで縦走するとの事、何処かの山で再会を約す。

最後に燕岳の姿を収め

tu32.jpg


14:30 テン場の横を抜けて下山開始だ!

tu33.jpg


お花畑を右手に見て

tu34.jpg


表銀座の尾根と大天井岳に別れを告げる

tu35.jpg


水平道を一気に駆け抜けると

tu36.jpg


15:00 合戦山(三角点)だ!

tu37.jpg


ここで燕岳の尾根とお別れです、次回は大天井岳〜常念岳まで歩きたいと思いつつ下って行く

tu38.jpg


15:18 合戦小屋

15:37 富士見ベンチ

tu39.jpg tu40.jpg


16:25 第2ベンチ通過、流石天下の合戦尾根、長いきつい下りは嫌になる!

tu42.jpg


16:54 第1ベンチ

17:14 中房温泉登山口、長い合戦尾根を一気に下りきりました。

tu43.jpg tu44.jpg


17:35 登山者用駐車場に無事帰ってきました。

tu45.jpg


北アルプスの名峰・燕岳、中房温泉登山口から燕山荘へ、当初大天井岳まで進み翌日燕岳に登り中房温泉まで帰る予定が燕岳の魅力に負けて山頂へ、結果は厳しい合戦尾根を往復13km、休憩も含んで11時間弱の山歩きになりました。

ネットで書かれているように丁度休憩ポイントにベンチがあり合戦尾根も無事クリア、合戦小屋のスイカも燕山荘のケーキも美味しくいただきました、そして定番のイルカ岩やメガネ岩を楽しみながら山頂へ、無論コマクサの群生も堪能、燕岳を思い切り楽しんだ1日となりました。

最後に一期一会の縁を頂きました東京のお嬢様2人と名峰・燕岳に感謝したいと思います、やっぱり北アルプスの山は最高、現役の身ではこんな山歩きになってしまいましたがこれからも頑張って夏山登山を楽しみたいと思います。
ラベル:日本200名山
posted by 山ちゃん at 20:45| Comment(4) | TrackBack(0) | 中部地方の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
山ちゃん、燕岳ピストンお疲れ様でした。
イイ写真が撮れていますね。

こちらは天候不順で毎日のように雨が降っています。
山歩きも汗と雨と泥で大変です。

それでは、また。
Posted by 端人 at 2015年07月26日 20:30
端人さん

おはようございます。

込みあった山小屋は苦手の為、ピストンになりましたが、
燕岳、噂通りのいい山でした。

天候不良にも負けず連日の山歩きお疲れ様です
気を付けてお楽しみください

お帰り待ってます(^^)
Posted by 山ちゃん at 2015年07月27日 07:28
山ちゃん
燕岳登山お疲れ様でした
私も一度登っていますので、思い出しながら楽しく拝見しました。
今回も一期一会の出会いがあり良かったですね、山ちゃんの人柄、人徳ですね
あの合戦尾根をピストンされるとは、やっぱりお元気ですね
暑くなってきたので山は少し休むつもりです
楽しいブログ待ってます
Posted by ひろ at 2015年07月27日 11:00
ひろさん

こんにちは
毎日暑いですね、いかがされていますか?
いつも覗いて頂いててありがとうございます。

燕岳、噂にたがわずいい山でした
人気の燕山荘に泊まる予定でしたが、
登山者が多く、結果ピストンになりました

おかげで温泉に入りホテルでゆっくりできました。
時期を見て表銀座を歩いて見たいと思っています。

Posted by 山ちゃん at 2015年07月29日 17:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック