2013年11月23日

2013・裏明神を歩く!

今年も11月23日がやって来た、丁度この時期になると紅葉ラインは麓近くまで下がってきており、毎年勤労謝の日は裏明神の紅葉を楽しむ日と仲間内で決めています…

天候も申し分なし、素晴らしい岩稜尾根と展望を期待して出かけてきました。



本日のコース

P(明神湖奥の空地)−明神湖左岸道路−登山口−(T字尾根コース)−西の小明神−明神山−(河鹿コース)−大観望−林道出会−P(神元神社奥の空地)

GPS軌道

ura.bmp

R23(三木山崎線)を福崎から山崎方面へ、前の庄の交差点を過ぎ四辻の交差点を右折れR411 に入り神元神社の所で右折し集落奥の道路の空地が本日の集合場所です、ここが下山口となりますので2台車をデポ、ここから車を乗り合わR411まで引き返し菅生ダム方面に進み明神湖を過ぎた道路の空地に車を止めます、ここが本日のスタート地点となります。

本日のメンバーはオンシュガー会長&N親衛隊長&H特攻隊長の3ご夫妻、公式記録委員のもとさん(山歩き)と山ちゃんの8人で裏明神を歩きます。

ura1.jpg


8:12 明神湖の左岸道路を進み登山口に向かいます。

ura2.jpg


8:20 T字尾根コースの登山口に取り付き、急斜面を一気に登って行きます…

ura3.jpg ura4.jpg


右手にはV字尾根が綺麗に見えはじめると…

ura5.jpg


尾根にはトラロープのある岩場が現れる、そのまま一気に取り付きます。

ura6.jpg ura7.jpg


登り切った岩尾根から紅葉の進んだ明神湖が見える!

ura8.jpg


対面にはアオノリ山が美しい姿を見せていた。

ura9.jpg


細い岩尾根を進むとすぐにT字尾根に入っていきます、バックの青空が美しい!

ura10.jpg


T字尾根で展望を楽しむメンバー達です。

ura11.jpg


アングルを変えて撮っています、Tの部分が分かりますか?

ura12.jpg


9:25 V字尾根コース出会い、このオブジェ(見返りキツネと命名)が目印となります

ura13.jpg


オブジェから少し進んだ所にある大蛇ー、大きな1枚岩が谷に向かって落ちています、ここでコーヒータイムを取りゆっくり休みました。

ura14.jpg


大蛇ーの後に待っていた西の小明神への急斜面…

ura15.jpg


一気に登りつめるとT字尾根が見える展望スポットがあります。

ura16.jpg


10:04 西の小明神着、次に待っていたのはキツイ下り、無論慎重に下りましょう…

ura17.jpg ura18.jpg


10:12 お座敷岩通過…

ura19.jpg


植林から山頂直下のガレバに入り

ura20.jpg ura21.jpg


10:51 Aコース登山道に出会うとすぐに明神山の山頂だ!

ura22.jpg


いつものように三角点にデン〜

ura23.jpg


もちろん集合写真も…

ura24.jpg


本日の展望は七種連山方面です!

ura25.jpg


素晴らしい天候に恵まれ山頂は多くの登山者で溢れています、ここで会長の「めし〜」の合図で楽しいランチタイムに入ります。

ura26.jpg


11:43 山頂を後にします、下りは1名プラス、本日河鹿コース・下山口のシダを綺麗に整備して頂いた加古川のMさんもご一緒の9名となりました。

Aコースから方向を確認しながら尾根に取り付きました。

ura27.jpg ura28.jpg


岩尾根と展望を楽しみながら下って行きます。

ura29.jpg ura30.jpg


紅葉に染まった西の小明神は本当に美しい、まさに大ワオー!

ura31.jpg


12:30 ナマズ岩は慎重に…

ura32.jpg


今日も後方から自慢のカメラでシャッターチャンスをうかがうもとさん、かっこいいですね!

ura33.jpg


12:43 大観望

ura34.jpg


流石大観望、左手に小明神を従えた明神山はやっぱりGOODです(^^)

ura35.jpg


人面岩です、判りますか?

ura36.jpg


13:04 下山分岐、日野家の山歩きさんから下山尾根についてお尋ねがありましたので少し詳しく書いてみます、尾根におかれた古い木が目印ですここを左に取ります。

ura37.jpg


尾根の右手と左手の木には黄色のテープがあります。

ura38.jpg ura39.jpg


シダの藪はM氏によって綺麗に刈り取られて明確な道が下がっています、登山者の皆さんM氏に感謝しましょう…

ura40.jpg


シダの登山道から支尾根に乗り少し下った所に下山尾根と同じように古木が横にしてありますのでここを右手に取りましょう、注意をしないとそのまま支尾根を下ってしまいそうです。

ura41.jpg


そこには明確な道があります。

ura42.jpg


そのまま下るだけです。

ura44.jpg


13:16 林道出会い

ura44.jpg


林道歩き…

ura45.jpg


M氏は馬谷峠でゆめの里公園方面へ、お疲れ様でした。

ura46.jpg


13:29 無事デポした車に帰ってきました。
お疲れ様!

ura47.jpg


明神湖奥の空地まで帰り恒例の反省会です。

毎年裏明神をご一緒している山仲間のシルベスターUさんから今朝山ちゃんが預かったお饅頭を皆さんにご披露させていただきました、そのご気遣いに頭が下がる思いです…

シルベスターUさんへ、「美味しく頂きました、又、ご一緒させてくださいね、ありがとうございました。」

ura49.jpg


その他芋パイをはじめ皆さんから美味しいスイーツを頂きながら楽しい時間が過ぎて行きました。

ura48.jpg


11月23日、恒例の裏明神紅葉登山、今年も素晴らしい天候に恵まれていつもの仲間と楽しく歩くことができました。

岩稜を楽しんだT字尾根や大蛇ーそしてナマズ岩、山頂の楽しい時間、河鹿コースから見る紅葉に染まった小明神と明神山、今年も思い切りゆっくりと裏明神を楽しんだ1日でした。

最後に楽しい山仲間と素晴らしい登山日和に感謝・多謝!


本日歩いたコースは危険な岩尾根が続く箇所もあり十分注意が必要です、迷いやすい個所もあり地形図、コンパス必携、自己責任でお願いします。
posted by 山ちゃん at 22:50| Comment(22) | TrackBack(0) | 兵庫県の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。
天候も良く、素晴らしいロケーションの中
での山歩き、羨ましい限りです。
絶壁の尾根歩きも皆さん身軽で
バランス感覚いいんですね。
さすが兵揃いです。
次回はよろしくお願いします。
Posted by シルベスターU at 2013年11月24日 09:58
こんにちは
山ちゃんGの楽しいお仲間と、久しぶりに歩けて楽しかったです
大明神おかげ様の好天のもと、真っ盛りの紅葉、岩峰歩き、激坂上り下り等々、和気藹々ゆったり登山がよかったです
またよろしくお願いします
Posted by もと at 2013年11月24日 10:12
山ちゃん 河鹿コース下部のコース案内有り難う御座いました。
写真のおかげでやっとルートが解りました。二つ目の古木が横にされていた所を右折なのですね!
ここを真っ直ぐに支尾根を下っていたのです。
T字尾根はこのブログと地図を参考に近々挑戦してみます。たぶん単独なので菅生ダムサイトの取り付き点から大蛇ー辺り迄をピストンし、帰りに教えて貰った河鹿コース下部ルートの確認に行って来ます。
Posted by 日野家の山歩き at 2013年11月24日 14:26
ひさしぶりのT字尾根でした。

天気も良く、裏明神の紅葉を堪能しました。

気心の知れた仲間との徘徊は楽しいかぎりです。

もうすぐ師走、月日の経つのは早いですね。

またよろしくお願いいたします。


Posted by 端人&端っ子 at 2013年11月24日 17:22
山ちゃん&参加の皆さん
お世話に成りました。
恒例の裏明神の行事も、紅葉に恵まれてワイワイガヤガヤの内に終わりました。次はシュノーシュー遊びが待っていますよ。

Posted by N at 2013年11月24日 19:40
こんばんは、ワー厳しいコースですね。
最近、度々転ぶ私にはとても歩けません。
裏明神は山ちゃんのブログで楽しませてもらうことにします。
Posted by mk at 2013年11月24日 20:45
シルベスターUさん 今晩は

天候にも恵まれて今年も裏明神を満喫できました。
今年はご一緒出来なかったですが美味しい真心頂きまして皆さん大喜びでした
次回はぜひご一緒させてくださいね、楽しみにしています。
Posted by 山ちゃん at 2013年11月24日 21:25
もとさん 今晩は

久しぶりにご一緒できて本当に楽しかったです
もとさん達が開拓された裏の道、いつ歩いても飽きがこないし本当に新鮮です
来年も元気で歩けるよう日々精進したいものです
これからもどうぞよろしくです
Posted by 山ちゃん at 2013年11月24日 21:27
日野家の山歩きさん 今晩は

河鹿コースの下山口が判って良かったです
昨日は加古川のMさんがシダ藪を綺麗に整備して頂いたのですっきりした道になっています
T字尾根コースは本当に楽しいコースです、是非西の小明神まで足を延ばしてください
展望スポットから眺めるT字尾根も最高です
Posted by 山ちゃん at 2013年11月24日 21:31
端人&端っ子さん 今晩は

今年も計画通り裏を歩く事ができました
天候良し、コース良し、メンバー良し、三拍子そろった親しい山仲間との山歩きは本当に最高です
今年も1カ月強ですがその前に忘年登山もあります、もう少し笑顔一杯の山歩きを楽しみましょう
Posted by 山ちゃん at 2013年11月24日 21:35
Nさん 今晩は

紅葉が終われば次は雪の山、雪が終われば芽吹きの季節、そして夏山そして又…
ホント1年なんて早いですね〜
これからも時間を大切にして思い切り山歩きを楽しみたいものです
Posted by 山ちゃん at 2013年11月24日 21:39
mkさん 今晩は

mkさんが歩けない尾根は私が歩けるはずはありません(^^)
岩稜歩きと紅葉、ゆっくり歩きで5時間強、この時期のコースとしては最高のコースです
ぜひ一度ご案内させてくださいね

Posted by 山ちゃん at 2013年11月24日 21:43
山ちゃん こんにちは

裏明神、岩稜尾根と紅葉、気心の知れたメンバーとの歩きは本当に楽しそうですね
私はまだ歩いたことがないので羨ましく拝見してます
表はC〜A、B〜Cは歩いています、良く似た尾根は?
参考に教えてくださいね
Posted by ひろ at 2013年11月25日 11:58
山ちゃん コンニチワ

土曜日はまたまた楽しい山歩きをありがとうございました。

T字尾根で戯れている写真がいいですね。バックの青空が何とも言えません。


西の小明神のタイトルもいい感じです。


Posted by オンシュガー at 2013年11月25日 12:12
ひろさん こんにちは

裏明神は本当に良いコースがあります
V字尾根・T字尾根については厳しいヶ所がありますので細心の注意が必用です。

今回下った河鹿コースは表のAやCコースと比較しても遜色は無いと思います
特に注意するのはAコースから河鹿コースに入る所、ナマズ岩の歩きですかね〜
下山口は今回綺麗に整備されているので大大丈夫・・・
といっても注意をもってお出かけくださいね

Posted by 山ちゃん at 2013年11月25日 16:54
オンシュガーさん 

素晴らしい天候に恵まれた裏明神
今年も素晴らしい仲間と歩くことができて誠にハッピーです。

反省しない反省会も又楽し…
これからもどうぞ宜しくお願いします
Posted by 山ちゃん at 2013年11月25日 17:00
山ちゃん達が訪れられたHPを参考に、早速T字尾根を単独で訪れてきました。
おかげで念願だったT字尾根、大蛇ー、西の小明神、尾切れと裏明神の岩場巡りが出来ました。
3時間程の周回でしたが、腹一杯山歩きを楽しめた気がします。そのため河鹿コースの末端ルートを確認に行きませんでしたが、いずれ確認に訪れます。
私のHPに掲載(未だ工事中で写真のみ)しましたので訪れて見てください。
Posted by 日野家の山歩き at 2013年11月26日 20:46
曰野家の山歩きさん

おはようございます、早速歩かれたようですね
岩陵と展望、そして紅葉とこの時期のコースとしては最高だと思っています
昨夜、工事中のページを見せて頂きました、ヘルメットを着けての裏明神でしたね
工事完了時に書き込みをと思っていました。
楽しみにしてます

Posted by 山ちゃん at 2013年11月27日 07:31
明神の日 すっかり忘れていました。
T字尾根・大蛇ー 一度はとおってみたいものです。
来年のカレンダーには印をつけておきますネ!!
Posted by ユウ at 2013年11月29日 15:03
山ちゃん

ブログトップの画像は 「西の小明神」ですか?
紅葉や背景の山々の展望がいいですね。

顔見知りの方が多く、ともに歩いているような気分になりました。
またいつの日か一緒させてくださいね。
Posted by せきやん at 2013年11月29日 18:49
ユウさん おはようございます。

毎年23日歩いてますのでこれからはぜひ顔を見せてください
今年も好天気に恵まれた裏明神を満喫でした。
Posted by 山ちゃん at 2013年12月01日 07:05
せきやん おはようございます。

紅葉盛りの裏明神でした、
写真はご指摘の通り西の小明神です、山全体が赤く映えて最高でした

この日だけはゆっくり登山と称して歩いてますので本当に楽ちんでした。


Posted by 山ちゃん at 2013年12月01日 07:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック