2013年11月17日

天狗の峰(桜谷山)〜小栗山

久しぶりに福井の山へ、狙いは残り紅葉と稜線歩きです。

閻魔帳に長い間済印が押されず残っている山があります、高島トレイルの木地山峠からちょっと外れた所に素晴らしい極楽尾根があると言う、選んだ山は福井の天狗の峰(桜谷山)〜小栗山、小浜市の上根来から周回です。



本日のコース

P(上根来集落の空地)−(木地山峠コース)−(支尾根)−県境尾根出会ー天狗の峰(桜谷山)−県境尾根出会−小栗山−上根来支尾根ー(東登道)ーP

GPS軌道

kiji.bmp


舞鶴若狭道小浜ICからR27に入り東小浜駅口の信号を右折しR35を遠敷川沿いに走る、毎年3月2日、奈良東大寺二月堂へ水を送る神事「お水送り」が行われる鵜の瀬を過ぎ、下根来からは道は狭くなりますがそのまま道なりに遡上すると上根来区に着きます、木地山峠登山口の看板の少し先の空地に車を止める事にしました。

8:46 木地山峠に向かって上根来の集落をスタートです。

kiji1.jpg


神社の前から伸びる登山道に入り、しばらくは植林の中を進み幾度か渡渉しながら高度を上げていきます。

kiji2.jpg kiji3.jpg


沢沿いの道では面白くないのでいつもの通り地形図を見て支尾根に取り付くことにします。

kiji4.jpg


早速現れた鮮やかな紅葉にお顔はにんまりだ(^^)

kiji5.jpg


支尾根を登り切ると再度登山道に出会います、そこには木地山峠への指標がありました。

kiji6.jpg


登山道は尾根の右を巻いて谷筋から木地山峠に向かっているので、ここも左手の支尾根に取り付き主尾根に向かうことにしました。

極楽支尾根を楽しみながら一気に登っていきます。

ワオー1

kiji7.jpg


ワオー2

kiji8.jpg


10:28 主尾根出会い、まずは稜線を右にとって天狗の峰(桜谷山)に向かいます…

kiji9.jpg


極楽尾根を一気に進み、最後はちょっと登り詰め木地山峠分岐を直進すれば

kiji10.jpg


10:41 天狗の峰(桜谷山)に着きました。

kiji11.jpg


天狗の峰(桜谷山)は高島トレイルの尾根(県境尾根)上にあり、ここから東に進路を取れば駒ヶ岳に行けるはずです…

kiji12.jpg


木地山峠分岐の標識を見ながら

kiji13.jpg


極楽尾根を引き返し主尾根出会いから北東に伸びる尾根を小栗山に向かって進みます。

kiji14.jpg


そこにも素晴らしい極楽尾根が…

その1

kiji16.jpg


その2

kiji17.jpg


その3 山モミジ
kiji18.jpg


小栗山への看板、下山はこの地点から上根来に下ることになります。

kiji19.jpg


11:25 小栗山着、地元のグループさんがいらっしゃいました。

私もシャッターをお願いした後ランチタイムに入ります…

kiji20.jpg kiji21.jpg


12:03 小栗山を後にする…

kiji22.jpg


12:14 下山分岐、ここから支尾根を下っていきます。

kiji23.jpg kiji24.jpg


支尾根にも雰囲気のある尾根が…

kiji25.jpg


12:33 P547通過

支尾根に上根来の標識を見て下れば…

kiji26.jpg kiji27.jpg


次の東登口の標識が現れたら・・・

kiji29.jpg


12:53 すぐに上根来の集落だ!

kiji30.jpg


根来集落から見上げると稜線と青空が綺麗に見えていた!

kiji31.jpg


福井県小浜市上根来から木地山峠に向かい途中から自然林の支尾根に乗って県境尾根へ、そこから右手にとって天狗の峰の山頂を踏み、返して小栗山まで進み、下りは上根来への指標の場所から支尾根(東登道)を下る、約4時間強の周回を楽しみました。

稜線の紅葉はほとんど終わっていましたが、雰囲気のある尾根が延々と続き極上の尾根歩きを満喫することができました、枯葉の落ちた木々の間からこの時期にしか見ることが出来ない素晴らしい展望もあります。

迷いやすい尾根もあります、地図とコンパス必携でお出かけください、きっと満足されることでしょう、最後に素晴らしい登山日和に感謝いたします。合掌


posted by 山ちゃん at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 北陸地方の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック