2013年11月02日

2013・宍粟50名山・竹呂山の紅葉を楽しむ!

山仲間の皆さんから地元の紅葉便りが届いています、そんな訳で今週は紅葉を求めて宍粟の山に出かけることにしましょう…

選んだ山は宍粟50名山・竹呂山です。



本日のコース

P(カンカケ峠林道分岐)−林道−(渡渉)−尾根取り付き−主尾根(赤西渓谷の左尾根)−P980−分岐(原からの登山道出会い)−竹呂山(1120.2m)−分岐−P972−カンカケ峠分岐−(支尾根)−林道出会い−P

本日のコース図(GPS軌道ではありません)

竹呂山.jpg

本日のメンバーはいつものオンシュガー&Nご夫妻、アイちゃん、山ちゃんの6名です。

集合はR29にある「道の駅はが」、ここから鳥取方面に少し進み原リンゴ園方面に進みます、リンゴ園の下のトイレにある駐車場にアイちゃんの車を駐車、2台の車に分乗、りんご園をすぎ植林の中の林道(カンカケ三室林道)を進んでいきます。

「原不動尊奥の院」の石標を左に見ながら進んで行くと林道は地道に変わり、しばらく走ると林道分岐があります、左に取ればカンカケ峠、直進すれば波賀町側からの竹呂山への入り口です。

林道分岐にある空地に車を止めます、ここから逆時計まわりの周回に挑戦です。

take1.jpg


8:45 周回スタートです。

8:52 少し林道を進んだ所から右手の尾根に取り付くことにしました。

take2.jpg take3.jpg


すぐに八丈川を渡渉して…

take4.jpg


植林の中の急斜面を一気に登ると新しくできた林道(作業道)に出会いました。

take5.jpg take6.jpg


林道を少し進んだ所からもう一度斜面に取り付きます。

最後は伐採された古い木の中を登れば…

take7.jpg take8.jpg


9:11 主尾根に乗りました、右手下は赤西渓谷になります。

主尾根を進むと再度林道に出会いますがそのまま尾根沿いを進むのが正解だ!

take9.jpg take10.jpg


尾根の自然林を楽しみながら進むと勢いの無くなったシダのある台地に出ます…

take11.jpg take12.jpg


ここからは、竹呂山手前にあるP980や正面奥に赤西山の姿が見えます…

take13.jpg


ウリハダカエデの紅葉の前でご満悦のアイちゃんです。

take14.jpg


広い尾根を進むとこれから向かうP980のピークがはっきり見えてきた。

take15.jpg


P980に向かって激坂を一気に登って行きますがそこには素晴らしい錦絵の世界が待っていました。

むろん大ワオーの世界です(^^)

take16.jpg


take17.jpg


take18.jpg


10:13 P980到着です、ここでちょっとおやつタイムです(^^)

紅葉を楽しみながら尾根を進んで行きます。

take19.jpg take20.jpg


次から次へと素晴らしい紅葉が続きます、ええぞ〜 ええぞ〜

take21.jpg


しばらく進むと2度目の急斜面に取り付きますがいい雰囲気です♪〜♪〜♪〜

take22.jpg


10:40 波賀町側あらの登山道に出会います。

take23.jpg


この分岐にある巨大ブナに思わず飛びつくアイちゃんだぜ

take24.jpg


最後の斜面を一気に登れば…

take25.jpg


10:54 竹呂山、三角点にで〜ん(^^)

take26.jpg


恒例の…

take27.jpg


ふと見上げると紅葉と青空のコラボがありました。

take28.jpg


11:01 展望もありません、すぐに山頂を後にします…

take29.jpg


紅葉を楽しみながら下っていきます…

その1

take31.jpg


その2

take32.jpg


11:11 分岐まで帰ってきました、ここは右手にとってP972に向かいます…

take33.jpg take34.jpg


鮮やかな黄葉が目に入る…

take35.jpg


そんな中、枯れたブナに大きな茸が生えていましたので取ってみました、アイちゃんの顔が隠れそうな大きさです(^^)

take36.jpg


11:38 P972の手前の鞍部にも素晴らしい景色がありました。

take37.jpg


鞍部から広い尾根を登れば…

take38.jpg


12:03 広い台地P972、ここで会長から「めし〜」のお言葉を頂きランチタイムに入りました。

take39.jpg


12:18 カンカケ峠分岐に向かって出発です。

しばらくは植林の中を進むことになります…

take41.jpg take42.jpg


黄葉が現れるとカンカケ峠分岐、ここは迷わず左に取ります…

take43.jpg take44.jpg


またまた現れた極楽尾根に…

会長は鼻にかかった声で ふ♪ふ♪ふ♪ふ♪ふ♪ふ♪ふ♪ふ♪

take45.jpg


副会長は大きな声でわお〜!

take46.jpg


黄葉の尾根からアセビの藪に入り…

take47.jpg


尾根を慎重に選びながら2か所の激坂を下れば…

激下り1

take48.jpg


激下り2

take49.jpg


右手にカンカケ峠に伸びる林道が見えてきた。

take50.jpg


13:25 林道出会い

take51.jpg


本日の収穫は枯れ木のオブジェ、会長様の為にリュックに括りつけて下ってきました。

take52.jpg


黄葉真近の林道を下れば…

take53.jpg


13:35 無事デポした車に帰ってきました。
お疲れ様でした。

take54.jpg


林道を車で下り…

take55.jpg


真っ赤なリンゴを車窓に見ました(^^)

take56.jpg


りんご狩のお客様も沢山いらっしゃいます…

take57.jpg


リンゴを買ってトイレのある駐車場まで下り反省会です、アイちゃんの今日のスイーツは今が旬のカメムシケーキです。

take58.jpg


臭いのは名前だけですごく美味しかったです、アイちゃんいつもありがとうございます。

take59.jpg


4年ぶりの宍粟50名山・竹呂山、原リンゴ園奥から八丈川沿いに進み右手の尾根からP980を経由して山頂へ、下山はカンカケ峠分岐まで進み支尾根を利用して下るぐるっと左周りの周回の約7km、時間にして約5時間弱の紅葉登山を楽しみました。

誰一人会うことなく、我々のグループで竹呂山の自然林を満喫することができました。ブナ、カエデ、ミズナラ等の紅葉・黄葉は今が真盛り、地図とコンパス必携でお出かけください、きっと満足していただけることでしょう〜

最後に楽しい山仲間、そして素晴らしい紅葉と登山日和に感謝いたします。
ラベル:宍粟50名山
posted by 山ちゃん at 21:52| Comment(12) | TrackBack(0) | 兵庫県の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
山ちゃん、皆さま  おはようございます。


紅葉にぴったりの日でしたね。
おかげ様で楽しい1日となりました。

きれいにブログをまとめていただき、ありがとうございます。


会長様のために重い枯れ木のオブジェを持って下りていただき、スミマセン。
お礼に忘年会の費用は持たせていただくと、会長が言っておりました。

来週も楽しみです。



Posted by オンシュガー at 2013年11月03日 08:17
山ちゃん お早うございます。
芦津で、山ちゃん達何処かな〜と噂しておりました。昨日登られた尾根を、前に歩いた時に紅葉は綺麗だろうと思っていました。コース取りも紅葉が楽しめるようにしておられて、さすが山ちゃんです。次は宍粟の紅葉を見に行ってみます。
Posted by mk at 2013年11月03日 08:34
山ちゃん 今晩は

姫路の太市と申します、初めて書き込みさせていただきました。
毎週土曜日の更新を楽しみにしているファンの一人です
竹呂山の紅葉を楽しく拝見させていただきました
今回歩かれたコースは私にとっては少し難しいようです
宍粟50名山のコースは歩いたことがありますので山頂へは行くことはOKです
良いコースがあれば教えてください、よろしくお願いします。
ちなみに車もノーマルな普通車です
Posted by 太市 at 2013年11月03日 18:29
山ちゃんご参加の皆様 

紅葉の竹呂をご案内いただき有難うございました

『奥山に、熊糞踏み分けゆく山ちゃん
      カメムシ臭に秋ぞ哀しき』!(^^)!

秘境でしたね〜熊の憩いの場。好天に恵まれ紅葉
も綺麗でした。今シーズンあと少しゆく秋を楽し
みたいと思っています。

カメムシは踏まないようお願いしたいです。

Posted by アイ at 2013年11月03日 18:37
オンシュガーさん 今晩は

天候にも恵まれ、素晴らしい紅葉を満喫した1日でした。
会長様の為ならたとえ火の中水の中…
その心は「表彰状が欲しい…」その一言につきます(^^)
今週末も宍粟の山にご一緒させてくださいね
Posted by 山ちゃん at 2013年11月03日 20:30
mkさん 今晩は

計画通り宍粟の山・竹呂山でした。
思った通りの紅葉が続き錦絵の世界を堪能できました。
コース設定をmkさんに褒めて頂くなんて恐縮しています。

今週末も宍粟の山です、もしかしてje,je,je!
楽しみにしています
Posted by 山ちゃん at 2013年11月03日 20:33
太市さん 今晩は、はじめまして

ようこそ「かみかわ登山日和」へ
波賀町側の方が自然林が多く紅葉を沢山楽しむ事ができます
私も4年前に波賀町から歩いたのみで登山道がどうなっているのか、無責任な事は言えませんし
又、林道終点からの尾根の取りつきが少し迷いやすい所もあります…

宍粟50名山コースで山頂に登られた事があるようなので
山頂から南方面に尾根を下り大きなブナの分岐を左方面に取ってP980まで進み
山頂にピストンするのは如何でしょう?、十分紅葉を楽しむ事ができます

太市さんの山歩きの経験等が判りませんので失礼な回答になったかもしれませんがお許しください

今が盛りです、早々にお出かけくださいね
Posted by 山ちゃん at 2013年11月03日 20:44
アイちゃん 今晩は

今週もご一緒できて良かったですね
ちょっと玄人好みの竹呂山ですが思い切り紅葉の尾根を満喫できました。
素晴らしい句を頂き感謝・感謝です(^^)
カメムシケーキご馳走様、甘さ控えめで本当に美味しかったです
Posted by 山ちゃん at 2013年11月03日 21:03
おはようございます。

山を歩き始めて1年少し、ガイドブックを片手に正規の登山道を歩いている状況です。
今後、コンパス、読図を勉強したいと思っています。

丁寧に教えて頂きましてありがとうございました。
早速行って見たいと思います
Posted by 太市 at 2013年11月04日 09:27
山ちゃん こんにちは
素晴らしいお天気で最高の一日でしたね
山仲間の皆さんも各山で紅葉を楽しまれました
私も初心者コ-スで楽しみました
氷ノ山にも大ワオ-が聞こえるほど賑わっていましたよ

竹呂山は未踏です 情報に感謝です・・
Posted by シジュウ at 2013年11月04日 12:05
太市さん 今晩は

波賀町側からは最近登っていませんので
登山道がどうなっているのかわかりません
無責任なことは言えませんので無難なコースをお伝えしました。
今が盛りです、どうぞお楽しみください
又、書き込み待っています(^^)

Posted by 山ちゃん at 2013年11月04日 20:07
シジュウさん 今晩は

我々は竹呂山、但馬山友会の皆さんは山久安山、シジュウさんは氷ノ山…
天候に恵まれてそれぞれ素晴らしい彩の世界を楽しむことができました。

もし竹呂山に行かれるなら波賀町側から取り付いてくださいね
50名山の登山道よりも自然林が一杯です
Posted by 山ちゃん at 2013年11月04日 20:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック