2007年03月17日

修験者の山・雪彦山<大天井岳>

日本3彦山として昔から修験者の道場でしられた雪彦山の大天井岳に登ってきました。
夢前町坂根の一般登山口でなく、安富町の鹿ヶ壺登山コースからの挑戦です。
今日はいつものYさんとご一緒です、鹿ヶ壺山荘まえの駐車場からスターです。
(小さな写真はクリックで大きくなります。)
sika1.JPG

鹿が壺の風景です。
鹿が坪登山4.jpg 鹿が坪登山6.jpg

約50分で千畳平に到着です。
sika2.JPG

千畳平らの奥にトイレがありその奥に赤いテープが・・・・
ココを登ったのが大間違いで途中からテープも無くなり、ヤブこぎの連続・・・・
後で確認したんですが、大天井岳の南西に見えるピークに登っていったようです。
鹿が坪登山8.jpg 鹿が坪登山9.jpg

途中のピークから雪で化粧した氷ノ山やお馴染みの山が見え少し気持ちが和みました。
鹿が坪登山10.jpg 鹿が坪登山11.jpg

登山口から約3時間10分やっと大天井岳に到着、やはり人気の山です沢山の登山者で一杯で、こんなアングルでしか・・・・
sika3.JPG

Yさんが、直壁から恐々と覗いていますが、
少し腰が引けてますが・・・・
鹿が坪登山14.jpg 鹿が坪登山15.jpg

笠形山方面と特徴のある明神山です。
鹿が坪登山16.jpg 鹿が坪登山18.jpg

雪彦山(三角点)と鉾立山方面が目の前に迫ってきます。
鹿が坪登山19.jpg 鹿が坪登山20.jpg

千畳平から雪彦山への正規な登山道は十分整備され歩きやすい道です。
新緑、紅葉の季節にもう一度歩いてみたい、そんな気がする素晴らしい
場所が沢山あります。
鹿が坪登山22.jpg 鹿が坪登山23.jpg

千畳平の正しい登山口です、それにつけても不注意が悔やまれす・・・・
sika4.JPG

不注意から本来の登山ができなかった1日でした。
大天井岳から引き返し雪彦山(三角点)、鉾立山に回り鹿ヶ壺へ下る予定が、大天井岳だけで終わりましたが、歩いた距離だけはそれに匹敵しており、山歩きだけは満喫してきました。
Yさん本当にお疲れ様でした。

posted by 山ちゃん at 21:39| Comment(4) | TrackBack(1) | 兵庫県の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Yさん、山ちゃんおつかれ様
不注意の程度がよく判りませんが、
ヤブコギは疲れる。

なかなか土日に時間があわないですが、
また一緒に登りましょうよ。
Posted by かげまる at 2007年03月17日 22:15
登山口をよく確認せずテープだけを信用して、登って行ったのが間違いでした。
ほんとヤブコギは疲れました。
かげまるさんとは中々時間が合いませんが
ぜひ一緒に登りましょう。
Posted by 山ちゃん at 2007年03月17日 22:34
私もお願いしまーす。 実は雪彦山の三角点まだ確認していないんですヨ!
Posted by ユウ at 2007年03月18日 22:41
ゆうさんぜひご一緒しましょう。
楽しみにしています。
Posted by 山ちゃん at 2007年03月19日 06:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/36200224

この記事へのトラックバック

山等々
Excerpt: 歴史と信仰修験道の行場として知られる雪彦山の南側にはこの信仰を支える、賀野神社が置かれている。神社は推古天皇代(592-628)に法道仙人によって開かれたとされ、雪彦山大権現、雪彦山金剛鎮護寺と呼ばれ..
Weblog: 山等々
Tracked: 2007-07-29 14:47