2013年03月09日

扇の山へ

今週末は全国的に素晴らしい天候のようです、大山・氷ノ山・東山等色々考えましたがこの時期には登った事がない扇の山(1310m)に決めました。

今回は山登りを楽しもうのmkさんkokoさんが昨年4月に歩かれた鳥取県八頭町妻鹿野「ふる里の森」からのコースを選びました。

周辺地図


本日のコース

GPS軌道をご参照ください…

gi.jpg

R29で戸倉峠を越え若桜町から八頭町に入り八東中学校の手前でR37に右折し糸見川沿いに「ふる里の森」方面へ林道を進みます…

「ふる里の森」まで約5km弱の所で雪の為車は進入禁止、ここから長い林道を歩く事になります…

久しぶりの単独行だ、元気を出して出発だ!

gi1.jpg


8:37 右下に糸見川を見ながら雪の残る林道をスタートです…

gi2.jpg gi3.jpg


しばらく進むと「はっとうちょうのむかしがたり」の看板が2つ…
NO14 「滝の大蛇伝説」 NO15「三つの兄弟太鼓」(クリックで大きくなります)

gi4.jpg gi5.jpg


9:05 「ふる里の森」まで3kmの標識通過…

gi6.jpg


砂防ダムまで進むと…

gi7.jpg


渓流釣りを楽しまれているお2人とお出会いしました。

gi8.jpg


本日の釣果です、「あまご」や「いわな」が…

お二人からお土産にとお魚をいただきました、ビニール袋に入れて雪の中で保存、下山時に堀返して持ち帰りました。

gi9.jpg


佐用のMさん、姫路のKさん ありがとうございました。

gi10.jpg


10:04 「ふる里の森」まで1.5qの標識を通過…

gi11.jpg


林道の雪は腐って歩きにくいですが天候は申し分なし、青空が本当に綺麗だ!

gi12.jpg


10:43 「ふる里の森」を通過

gi13.jpg


雪を冠ったピークが見えるが扇の山ではない様だ!

gi14.jpg


12:22 登山口手前の壊れた避難小屋

gi15.jpg


12:26 扇の山登山口、雪が多くて標柱も埋まってるようです…

ここから山頂まで1時間以上はかかる、長い林道歩きで少しお疲れだ(^^;)
ここで引き返すことにした!

gi16.jpg


壊れた避難小屋の前でランチを取る…

gi17.jpg


下山は扇の山から西方面に下る尾根まで林道で登り切り、切通しから支尾根を利用して「ふる里の森」まで下る事にする…

ここまで登って来ると林道の雪は2mを越えていました!

gi18.jpg


林道から振り返ると扇の山へ続く尾根が見える…

gi19.jpg


正面には東山?黄砂の関係でぼんやりしか見えない…

gi20.jpg


13:31 林道から無事支尾根に乗る…

gi21.jpg


そこには思った通りの極楽尾根が…

gi22.jpg


gi24.jpg


gi25.jpg


13:55 下りは本当に早い、あっと言うまに「ふる里の森」まで下ってきた!

gi26.jpg


雪に埋もれた管理塔に直売所

gi28.jpg gi27.jpg


14:00 橋を渡れば林道に出会う!

gi29.jpg gi30.jpg


後は長い林道歩きが待っていた!

gi31.jpg
 

14:51 砂防ダム、ここで雪の中から魚を掘り出して…

15:11 「はっとうちょうのむかしがたり」の看板を見て

gi32.jpg gi33.jpg


15:33 愛車96号のお出迎えだ!

gi34.jpg


「ふる里の森」から扇の山へ、腐った雪の長い林道歩きを強いられ今回は山頂はパスでしたが、下山に使った支尾根ではブナやミズナラの素晴らしい極楽尾根を満喫できました、距離にして15km弱、7時間のスノーシュー遊びを満喫した1日でした。

4月に入ると「ふる里の森」近くまで林道の雪が除雪されますので、そうすれば山頂にもう少し早く立てそうです、時期を見て歩いてみたいものです…
0
posted by 山ちゃん at 22:28| Comment(12) | TrackBack(0) | 中国地方の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
山ちゃん、凄いですね!
まさか行かれるとは・・・お疲れ様でした。
雪の状況を参考にさせてもらって近いうちに行きたいと思っています。
ふる里の森へ下りるところの扇ノ山林道から扇ノ山へ道が切り開かれたと聞きました。
登りに行きましたが切通しで止めました。冬なら登れそうなのでしょうかね。
Posted by mk at 2013年03月10日 09:59
山ちゃん お疲れさまでした。

ふるさとの森への長い林道歩きは大変だったことでしょう。それを往復とは。

それでも登山口からそのまま帰らず、極楽尾根を下りるとは、、、さすがですね。

ご一緒できなくてスミマセン。今週末はどちら?楽しみにしています。
Posted by オンシュガー at 2013年03月10日 16:19
山ちゃん 今晩は。
長い林道歩き、お疲れさまです。
そちらはそんなに黄砂に包まれてない様ですね。
当方は、黄砂で眺望なし、鳥取側は黄砂が下に澱んだ様に見えました。
極楽尾根、新緑・黄葉の頃に歩きたい尾根です。
次の機会、よろしくお願いします。
Posted by シルベスターU at 2013年03月10日 18:24
mkさん 今晩は

初めてのコースに興味を引かれ長い林道歩きに挑戦してしまいました。
今回下った尾根にはふる里の森から延びた登山道(木の階段)が雪の下にあり、
多分切通しの上にも扇の山への登山道があると思います。
この時期なら尾根歩きはバッチリです、山頂からふる里の森まで下るのも一計ですね
情報楽しみにしています
Posted by 山ちゃん at 2013年03月10日 19:52
オンシュガーさん 今晩は

雪が重くちょっと苦労しました
時間的に見て無理をすれば山頂まで行けたかもしれませんが、
帰りの時間や単独行を勘案し無理はしませんでした。
支尾根の極楽尾根最高で一人ワオーの声をあげて楽しんでいました。

Posted by 山ちゃん at 2013年03月10日 19:55
シルベスターUさん 今晩は

林道から東山方面を眺めた時は黄砂でやっぱり霞んでいました
こちらは黄砂の影響が少なく白とブルーのコントラストが本当に綺麗でした

支尾根は若いブナと歴史を重ねたミズナラのコラボした極楽尾根です
ぜひお出かけ下さい、きっと満足していただけ事でしょう…
Posted by 山ちゃん at 2013年03月10日 19:59
山ちゃん・さん? こんばんわ
氷ノ山でお会いした山ボーイです。

9日は東山から扇ノ山も眺めましたが、やはり霞んでいました。
ふるさとの森への林道は四月末に向けて除雪されますからまだまだ長距離歩きを強いられます。
私は大抵、広留経由で登りますが今の時期なら、広留野の大雪原、上部のブナ林等良い場所が色々あります、是非またお越しください。
Posted by 山ボーイ at 2013年03月10日 21:23
山ボーイさん こんにちは

長い林道歩きは本当にいやになりましたが
切通から下った尾根はいままでの疲れを忘れた素晴らしい尾根でした
今回は山頂を諦めましたが、教えていただいた広留から再挑戦してきます
これからも若桜の山情報を教えてくださいね

あっ それと(さん)はいりませんので、山ちゃんでお願いします(^^)
Posted by 山ちゃん at 2013年03月11日 13:14
山ちゃんさん、こんばんは。
いやぁ、北陸とひけをとらない積雪量ですねぇ。
そ・れ・に。お魚さんGETが…、うらやましい。冷たい水の中を泳ぐお魚さんの生命力は凄い。よく身が締まっていそうで、美味しそう…。
Posted by Miller at 2013年03月12日 18:26
Millerさん
こんにちは、今年は昨年と比べて雪が少ないようです
もうしばらく雪を求めて歩きたいと思っていますが・・・
白山界隈の情報宜しくお願いします

頂いたお魚は無論塩焼きで、川魚特有の臭みもなく美味しかったですよ
近くならおすそわけしたのにね〜(^^)
Posted by 山ちゃん at 2013年03月13日 10:26
山ちゃん こんばんわ
前述のコメで「私は大抵、広留から登る」と
書いていますが、これは無積雪時の事です。
妻鹿野から山頂は九キロくらいになりそう
です、よほど条件が良くないと・・・
念のため補足しておきます。

ちなみに今週末は扇ノ山の予定です。
Posted by 山ボーイ at 2013年03月14日 21:19
山ボーイさん 今晩は

連絡ありがとうございます
書き込みいただいた後すぐ地形図をみました。
広留に入るには妻鹿野(先日歩いた林道)からですが雪が一杯ありましたし、
諸鹿からかと思いましたが山越えの林道は雪でしょうし…
この時点で無雪期のことかな〜って思ってました(^^)

天候がよさそうなんで私も扇ノ山を予定してます
山頂で会えたらいいですね!
Posted by 山ちゃん at 2013年03月15日 19:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック