2011年02月12日

雪の駒の尾山・スノーハイクを楽しみました。

今週末は冬将軍の再到来で悪天候の3連休になりましたが山仲間の皆さんは如何お過ごしでしょうか?
先日、Nご夫妻から羨ましい写真を頂き、12日(土)は絶対にに氷ノ山と決めていましたがちょっと無理なようです…

そんな訳で今回は岡山・美作、雪の駒の尾山(1280.7m)へ行ってきました。

本日のコース
P(チェーンの脱着場)−林道(地図の破線)−大海里−避難小屋−駒の尾山 
(今回はピストンです)

周辺地図


GPS軌道(25千分1・坂根、西河内)クリックで大きくなります、さらにクリックすると原寸大で見る事ができます

駒の尾山.jpg

R29を鳥取方面へ、波賀町に入り斉木口の信号を左折しR429を千草町まで、ここからR72を三室高原方面へ向かいます、行者霊水を左に見て進み途中で千草スキー場方面に左折し遡上、駒の尾山登山口の少し手前にあるチェーン脱着場の広場の隅に車を止めました。

本日のメンバーはUmtjさん、お馴染みのH嬢、そして山ちゃんの3人です…
今日も楽しい山歩きをしましょう(^^)

koma1.jpg


9:30 雪の残る道をスキー場方面に向かってスタートです。

駒の尾山登山口まで行くつもりでしたが、地形図を見ると破線が大海里に向かって伸びています、今日はこの破線(林道)を使って大海里を目指す事にします…

koma2.jpg koma3.jpg


林道終点(雪で判りません)辺りから夏道と合流、赤や黄色のテープを追って雪と格闘しながら激坂を登っていきます…

koma4.jpg koma5.jpg


11:04 尾根・大海里到着、右に取ればダルガ峰を経由してちくさ高原スキー場だ!

koma6.jpg


無論我々は左に取って駒の尾山へ、大海里から喘ぎながら雪の急坂を登ればそこはP1211m…

ここからは雰囲気のある尾根に入っていきます、デジ亀状態になるH嬢…

kama7.jpg koma7.jpg


こんな素晴らしい風景が待ってました。

koma8.jpg


koma9.jpg


樹氷を愛でる二人です…

樹氷を愛でる.jpg


目の前に広い雪原が現れるとその先に避難小屋が…

koma10.jpg


11:56 避難小屋着、ドアの前に積った雪を除けて中に入りちょっと一休みです…

koma11.jpg koma12.jpg


12:09 山頂まで直線で約100mだ! 空身で駒の尾山に向かいます…

koma13.jpg


山頂手前のUmtjさんとH嬢の後を追って山ちゃんも足を運びます…

koma14.jpg


12:12 山頂です、雪は降っていませんがガスが架かって展望はありません、無論、有名なストーンサークルも雪に埋もれて…

koma15.jpg


山頂の石碑から推測すると1.7m近い積雪のようです。

koma16.jpg


2008.6.14 の山頂です。

komano16.jpg


山頂で雪を楽しんだ後は避難小屋でランチタイムです、湯気の上がる温かラーメンを頂きました…

koma17.jpg koma18.jpg


13.12 H嬢を先頭に下山開始、広い台地を楽しみながら進みます。

koma19.jpg koma20.jpg


P1211mの手前でガスが晴れて鍋ヶ谷山方面の尾根が見える…

koma21.jpg


P1211mからの急坂を飛ぶように一気に、無論尻セードも(^^)

13:41 避難小屋から30分で大海里まで下っています…

koma22.jpg koma23.jpg


大海里からも植林の中の激坂を下り無事林道に降り立ちました。

koma24.jpg koma25.jpg


ちくさ高原へ伸びる道路が見えています、ここも尻セードで一気にクリア…

koma26.jpg koma27.jpg


山ちゃんもUmtjさんもビュ〜ンと…

山ちゃんと東條さんびゅーん.jpg


14:31 雪に埋もれたガードレールを越え無事駐車場に帰ってきました。
お疲れ様でした!
koma28.jpg


兵庫県千草町から地形図上の破線(林道)を利用して大海里へ、ここから中国自然歩道を利用して駒の尾山へ、積算距離5.8q、約5時間の登山をたのしみました。

本来の夏道ではなく林道を遡上、大海里とP1211mの手前にある雪激坂には手古摺りましたが、尾根のブナ林や雪原を楽しみながら山頂へ、下山はバージンスノーを感じながら飛ぶようにして、あっと言うまに登山口へ、展望はありませんでしたが、駒の尾山のパウダースノーを満喫です…

心配してました天候も山ちゃん大明神の力で何とか下山時までもってくれました(^^)、誰一人合うことなく雪の駒の尾山を我々3人で満喫することができました、本日ご一緒いただきましたUmtjさん、H嬢お疲れ様、今後ともよろしくです…
posted by 山ちゃん at 22:33| Comment(11) | TrackBack(0) | 中国地方の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
山ちゃん 積極的なスノーシュー登山羨ましい!!  樹氷がとってもきれいで良いですネ!

但馬はまたまた暗い日が続いています。
Posted by ユウ at 2011年02月13日 10:36
今年は何処の山でも雪が豊富ですね
充実したスノ−シュ−歩きで、いいなあ-

但馬は天気が悪く出にくいですよ
南部の山で樹氷ハイクしたいです・・
Posted by シジュウ at 2011年02月13日 16:28
樹氷がきれい!
p1211への登りはきつそう、でもその分下りが楽しめたようですね
新雪が覆ってさぞきれいな雪だったことでしょう
素晴らしいスノーシューハイクが毎回続きますね
Posted by 指月山 at 2011年02月13日 18:24
ユウさん シジュウさん 今晩は

今年は雪が多く南部の山でも例年にはないスノーハイクを楽しんでいます。
但馬を脱出して南の山へお越し下さい…

天候を見て氷ノ山を狙っています、ご一緒できたらいいですね〜(^^)

Posted by 山ちゃん at 2011年02月13日 19:39
指月山さん 今晩は

駒の尾山のパウダースノー思い切り楽しみました
きつい登りは下りで尻セードのプレゼントがあり、子供に帰って大はしゃぎ…
今年の山はすべてスノーシューハイク、これって記録です(^^)
Posted by 山ちゃん at 2011年02月13日 19:45
山ちゃんコンバンハ。
駒の尾の雪、頂上でこんなに多いのを見るのは初めてです。樹氷もきれいでよかったですね。
土日は、湖西の赤坂山と武奈ヶ岳へ行って来ました。両方ともさすが人気の山で多くの登山者。尻セードを楽しんできました。
Posted by オンシュガー at 2011年02月13日 20:41
オンシュガーさん おはようございます。

雪の駒の尾山は初めてでした
下山するまで雪もあまり降ることなくパウダースノーを満喫した1日でした。
赤坂山、武奈ヶ岳へ行かれましたか、お話楽しみにしています。
Posted by 山ちゃん at 2011年02月14日 08:59
山ちゃん こんにちは

いつも楽しく拝見してます…
今年に入ってからは楽しそうなスノーシューハイクの記事ばかり続いています
楽しそうですが、私は寒さに弱くて中々真似は難しいです
こたつに入り行ったつもりで見ています(笑)
Posted by ひろ at 2011年02月14日 15:57
ひろさん おはようございます。

ご無沙汰しています
今年は雪が多いので近くでスノーシューを楽しんでいます
一度低山の中を歩いて下さい、きっと虜になりますよ(^^)
Posted by 山ちゃん at 2011年02月15日 08:54
今晩は、いつも楽しそうなレポ拝見しております。
今年はスノーシューハイクにもってこいとなり、とりわけ駒ノ尾山〜後山はこの時期何度行っても感動させられる所ですね。
次のレポを楽しみにしています。
Posted by mk at 2011年02月15日 21:05
mkさん 今晩は

私もmkさんの「山登りを楽しもう!」をいつも楽しみにして拝見しています。
冬の駒の尾山は初めてでしたが、雪のブナ林や避難小屋手前から山頂にかけての雪原は最高でした。
まだまだ続くスノーハイク、行きたいコースは沢山あります…
きっとどこかで会える日を楽しみにしています。



Posted by 山ちゃん at 2011年02月15日 22:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック